横浜の高島屋でホテル・ニューグランドの味を堪能しました

GWの旅のレポートがまだ半分も終わっていないのに、また横浜に来ています。

知らない土地での、ぼっちご飯でも、ちゃんと食べますよ、私は。

夜の港町、女が一人でご飯食べてる図は、なにかわびしくて…。

お弁当かお惣菜を買って、ホテルの部屋で食べればいいかと、思いがち。(…そんなことない?)

以前はそんなおざなりな食事、よくしてました。

でも疲れ切って動けないというのでなければ、ご飯はちゃんと食べたい今日この頃。

一人ご飯も楽しめるようになりました。

人呼んで、秘密のミシュラン覆面調査員ごっこ。

私は食通でもなんでもありませんが、ものすご~~~く舌が肥えた人になりきって、お店の雰囲気や店員さんとの会話やお料理を、じっくり味わいます。

さて、問題はどの店に行くかです。

子どもたちはネットでパパパッと検索して、隠れ名店みたいなレストランを上手に探しだしますが、私にはそんな芸当できません。

今日は横浜駅前の高島屋に行ってみました。

デパートのレストラン街は、和・洋・中華がほどよく揃い、デパートの沽券にかけても変な店は出店させないので、よそ者にはありがたい場所です。

広いレストラン街をざっと歩いて、南国酒家であんかけ焼きそば(大好き♡)とビールに落ち着きかけた時、目にとまったのが、洋食屋さんのステーキピラフ。

あ…、今日はこっちだ…と入ったのが、ル・グラン。

山下公園横のホテルニューグランドが出店しているレストランです。

ル・グラン

お一人様用のとても落ち着くコーナーの席に案内してもらいました。

ステーキピラフ~~~のつもりでしたが、実は生野菜も食べたくて、でも1人前のボリュームは多いなと思ったら、サラダもお肉もついたミニコースを発見!

じゃ、それとグラスワインで。

ル・グラン

お店の人たちが、とてもフレンドリー。

ぼっちご飯の私に気を遣ってくれたのかしら。

大丈夫なのに(*^_^*)

ル・グラン

サラダとスープ。

おお、ちょうどよいボリューム。

スープは三浦産の春キャベツのポタージュです。

キャベツの甘味が生きています。

ル・グラン

リブロースステーキ。パセリのバターとレモンでいただきます。

でかいな…と思ったけれど、苦もなく完食。

お肉だけど、白ワインでよかった…。

ル・グラン

デザートはプチフルールの盛り合わせ。

チョコレートケーキのカラク、プリン、フルーツタルト。

ああ、しあわせ~~~。

星、いくつつけようかな(≧▽≦)

正味1時間のお食事でしたが、大満足です。

オムライスやシーフードドリアも、なかなか美味しそうでしたよ。

ル・グラン

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。