こんな言葉を愛する人に言わせてはいけない、もう二度と!

靖国神社の鳥居の前に、『遺書』が掲示されていました。

The last message for this month とありましたので、毎月、変わるのかもしれません。

遺書

二十有余年を顧みて、今日私が斯くも立派に死所を得ましたのも、一重に御両親様はじめ兄上様、弟両君等の御厚情、御薫陶の賜と深く深く感謝しつつ喜んで国難に殉じて行きます。

今にして思ひを過ぐる日に致しますれば、此の御厚情に何等報い奉る事も得られず、唯々己が不孝に涙を禁じ得ない次第であります。

何卒、此の不孝を御許し下さい。

御両親様、兄上様方、姉上様方、弟両君

皆様の御隆昌と御健康を御祈り致します。

 

陸軍少佐 安齋昌命(あんざいさかえのみこと)

昭和19年5月1日、インド・フェンニイ附近にて戦死

宮城県仙台市郡山出身 25歳

靖国神社

25歳の未来ある青年は、本当はどんな気持ちで、この遺書を書いたのか…。

そんな時代だった…と言えばそれまでですが、もしこの青年が自分の夫だったら、兄だったら、息子だったら…と考えると、その虚しさが胸に迫ります。

大切な人たちに、こんな言葉を言わせたくない、もう二度と!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。