目の下のシワには、眼輪筋のトレーニングが効くってよ

長く生きていれば、誰だって、シワやシミやたるみが出てくる。

身体の一番外側にある皮膚は、環境の影響をもろに受け、目に見える形で老いが表れやすい。

「目の下に溝ができちゃった…。」

ぼやく私に、凄腕エステティシャンのヒロコさんが一言。

「眼輪筋を鍛えたらいいですよ。」

ガンリンキン?眼輪筋とはなんぞや?

人の顔には約30の筋肉があり、眼輪筋はそのひとつ。

目の周りをぐるっと覆っている。

眼輪筋

目の下にシワができるのは、眼輪筋が衰えて、脂肪が重力に逆らえず、タルタルしちゃうから。

シワは一度できてしまったら、もう一貫の終わり…ではなく、眼輪筋を鍛えることで、著しく改善できるとのこと。

へえ~~、高価なクリームを塗り込むのではなく、筋肉を鍛えて、シワを撃退するのか…。

眼輪筋

眼輪筋のトレーニング方法は、とても簡単です。

目をしっかり開いて、黒目を右から左へ、左から右へとワイパーのように動かすだけ。

黒目が右端にきたら右を、左端にきたら左を、一回ぐっと力をいれて睨みます。

1往復を10セット。

この時、おでこが動かないように気をつけます。

おでこの筋肉で目を動かしても、眼輪筋は強化されません。

どうしてもデコが動いちゃう人は、手で押さえてもOKです。

10セット終わったら、今度は黒目をぐるんと1回転させます。

右回りと左回り。

絶対効くから、やってみて~~とヒロコさん。

だよね、知識として知っていても、実践しなければ意味がないのは、断捨離と同じ。

今日から早速チャレンジしてみます。

眼輪筋

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。