私たちはきっと、ちょっと言葉が足りない…

先日、1本の電話がありました。

仕事でお付き合いのある会社の担当者さん。

今月いっぱいで辞職するので、挨拶に来たいとのこと。

この方とは4年くらいのお付き合い。

誠実に業務をこなしてくれました。

電話を受けた夫は、「そうか、残念だな。貴女の仕事ぶりは、本当に素晴らしかった。でも貴女ならどこに行っても通用するから、次の職場でも、頑張ってください。今まで本当にありがとう。」と伝えます。

翌日。

今度は社長から電話が!

開口一番「ありがとうございます!」

話を聞いてみれば、夫と話をした担当者さんが、やっぱりもう少し頑張ってみます…と翻意したとのこと。

担当者さんは、自宅に帰って家族に、お客さんにこんな風に言われた…と話したそうです。

家族は、「そんなにお客さんに認めてもらっているのなら、もう少し頑張ってみたら?家のことは協力するから」と。

チョイス

今は空前の人手不足で、募集をしてもなかなか応募がありません。

採用したとしても、すぐに戦力になるわけではなく、仕事ができるようになるまで育てるのに、時間がかかります。

得難い人材が残ることになって、社長さんは大喜びです。

…夫にしてみれば、別におべんちゃらを言ったわけではなく、思っていることをただ正直に伝えただけ。

それがこんな変化のきっかけとなって、ただただ驚いていました。

…でも嬉しいね?

…うん、確かに。

 

だけど、…会社の人なり、取引先の人なり、彼女がとても優秀であること、いい仕事をしていることを、もっと前に伝えることはできなかったのかな…。

辞意を固めるに至るまでに。

おそらく彼女は、自分の仕事が認められている…と、あまり感じていなかったと思います。

だからここに居ても、役に立ってないな、大切に思われてないな…と勘違いしちゃったのではないかと。

人は誰かの役に立ちたい存在です。

自分が役立たずだと思えば、全力でその場から逃げ出し、役に立つと思えれば、お金を払ってでもそこに出向きます。

誰かに必要とされている、誰かに感謝されている、誰かを笑顔にできている…、きっと彼女はそう感じられなかったのでしょう。

社長も夫も、こんなに彼女を認めていたというのに!

誰も言葉にして、そのことを伝えてきませんでした。

言わなくても分かるだろう…って?

では貴方は、自分がとても大切に思われていると、分かっていますか。

認められていると感じていますか、言葉がなくても。

コミュニケーション

翻って、私は職場のスタッフに、きちんと言葉で伝えてきたかな…?

たとえば、〇〇さんはとても電話応対が上手だとか、☆☆さんはモチベーションがすごく高いとか、▽▽さんは3手先まで読んで動いているとか、…一緒に働いて気が付いたことは多々あるのに。

その仕事ぶりを高く評価していることは、やっぱり言葉にしないと、相手に伝わりませんよね。

 

私たちは、きっとみんな、ちょっと言葉が足りません。

素晴らしいなと思うのなら、感謝しているのなら、大切だと思っているのなら、照れていないで、伝えたほうがいいです、その気持ち。

たった一言が、相手にとっての希望になることもあるのだから。

コミュニケーション

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。