バラやクレマチスが咲きだして、初夏の庭が賑やかになってきました

新緑の5月、我が家の庭にも初夏の花が咲き始めました。

玄関前はこんな状態。

すずらん

すでに群生の域を通り越した、スズランのジャングルです。

20年くらい前に植えたのは、たしか2~3株だったはず。

スズランは地下茎でつながっているので、間引いても間引いても、増え続けます。

この侵略を止めるには、地下茎から掘り起こすしかありません。

お花はこんなに可愛いのに、意外と逞しくてしぶとい植物です。

スズラン

頭上のコデマリと咲き競っています。

コデマリ

いつの間にか増えたピンクの花。(名前忘れました)

春の花

小さな球根だったと思いますが、植えた覚えのない場所からもニョキニョキ顔を出しています。

どうやって増えたのか…、謎の植物です。

早咲きのクレマチス2種。

クレマチス

クレマチス

一応、冬前に短く切り詰めますが、放っておいても、毎年、ぽっかり大輪の花を咲かせます。

クレマチスは、もう少ししたら、ハーグレイハイブリッドとプリンセスダイアナがお目見えします。

バラ

ローズポンパドゥール、デルバールの大輪です。

地植えにして3年目、なかなかいい花がつきました。

アイスバーグ

玄関前には、アイスバーグの大株。

虫よけくらいで、ほとんど手間いらずの優良児、今年も山ほど蕾をつけて、細い枝が重そうです。

ヒストリー

一番目立つ場所を陣取っているのは、つるヒストリー。

ここ数年、元気がありませんが、今年はどうかな?

高い所に花が付くので、足元にクレマチスを這わせています。

これから楽しみなバラは、ナエマとレオナルド・ダ・ビンチ。

新雪にも蕾がいっぱいついています。

一番花が咲いたら、またご報告します!

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。