我が家のバラたち、今年も元気です!

5月末から6月にかけては、春バラの最盛期。

公園やお店の前や民家の垣根に、たくさんのバラが咲いていて、思わずウフフ…と笑みがこぼれます。

我が家の庭にも、神が創りたもうた美しい花たちが、薫風の中、咲き誇っています。

レオナルドダビンチ

レオナルド・ダ・ビンチが咲きました。

地植えにしてから10年くらいでしょうか。

バラは本来、とても手がかかる植物ですが、レオさまは冬の剪定と施肥くらいで、毎年、株からこぼれんばかりに花をつけます。

初心者にお勧めのバラです。

レオナルド・ダ・ビンチ

花径は中輪ですが、ゴージャスです。

 

まぶしいオレンジ色のサハラ’98。

サハラ

このままの姿を保つかと思いきや、1週間たったら、まるで別のバラ!

サハラ

こんなにも表情が変わるなんて…。

いくつもの顔を持つところが、バラの魅力でもあります。

 

そして玄関前のアイスバーグ。ますます元気です。

帰宅すると、その爽やかな姿と優しい香りで迎えてくれます。

アイスバーグ

これも手間いらずのバラで、夏の盛りも絶え間なく咲きます。

チュウレンジバチの青虫が付きやすいのが玉に瑕。

アイスバーグ

朝の光の中で、神々しいまでに美しい…。

 

我が家にはもうひとつ白バラがあります。

アイスバーグほど、花付きはよくありませんが、凛々しい花を咲かせます。

新雪

新雪という名そのままに、純白のあで姿。

花持ちはあまりよくなくて、2~3日で散ってしまうので、短い逢瀬となります。

新雪

 

アプローチの特等席に陣取っているのは、つるヒストリー。

後から後から咲く…と言うので、植えてみたけれど、3年間、まったく花をつけず。

このまま咲かないつもりなら、抜くよ!…と脅した翌年から、こんな愛らしい姿を見せてくれるようになりました。(飴と鞭?)

ヒストリー

弱点は、葉っぱが黒点病にやられやすいところでしょうか。

空に向かって、どこまでも伸びていきそうです。

 

ピンクのお姫様は、ナエマ。

ナエマ

今年、縦方向ではなく、水平に誘引したら、いっぱい蕾が上がりました。

ナエマの由来は、ゲランの香水です。

それほどまでに、香りがよいバラということ。

胸いっぱいに芳香を吸い込むと、その甘さにクラクラします。

魅力的な姿と香りで、道行く人たちを惑わす小悪魔です。

 

ミニバラ

ヒストリーの足元には、直径3センチくらいのミニバラ。

2年前、農協婦人部の講演会でお土産にいただいた鉢を地植えにしました。

小さいけれど、妖精みたいなかわいらしさです。

 

シャクヤク

これはバラではなくて、シャクヤクです。

その名もシャーベット。

触れたら溶けてしまいそうな花びらが、風に揺れています。

以上、我が家のお庭の現場レポートでした。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。