かん・缶・カン!

私は断捨離が好きだけれど、人に…特に家族には強要しないように気を付けています。

学び始めた頃は、これはいい!と舞い上がって、家族にもグイグイやってましたが、それは逆効果であり、また断捨離は個人の領域なので、本人がやりたいと思わなければ意味がないことを知り、自粛するようになりました。

その分、自分の裁量でやっていい場所は、楽しんで(時には苦しみながら)進めてきました。

幸い主婦には、自分が管理する場所や物、いっぱいありますから。

そんな私の姿を見て、娘にも節目節目で、身の回りを整理する癖がつきました。

彼女は思い切りがよくて、こっちのほうが、え?もう捨てるの?マジで?…とオロオロしちゃいます。

息子は…、全然です。

部屋の中は常にカオス(^^ゞ

それがイヤでたまらなかった時代もありましたが、今は、彼がそう望んで、そう選んでいる…と割り切っています。

さて夫は…。

着る物にもインテリアにも食べ物にも、ほとんどこだわりがありません。

私が注意しなければ、2週間同じコーディネートでも平気です。(汚れや臭いはイヤなようですが)

昨日と同じ服、さては朝帰り?…なんてこととは、無縁の人生だったのでしょう。

「今日、何食べたい?」と問われれば、判で押したように「なんでもいいよ」。

そして出された物は、黙って平らげます。

美味しいとも、不味いとも言わずに…。

部屋にしても、ピンク色のカーテンだろうが、花柄のベッドカバーだろうが、どうでもいいようです。

ただし、テイストに関しては無頓着でも、汚れや散らかりには、けっこう敏感で、まだワンコがいる頃、部屋の隅にたまる抜け毛をかなり気にしていました。

ロッキー
(こんなに可愛いのに…、毛はダメなんだって)

キッチンに、汚れた食器が積みあがるのも、NG。

私と気になるポイントが違うので、指摘されるたびに、ムッとしました。

でも散らかりや汚れに対する感覚は人それぞれなんだな…と理解してからは、火花も散らなくなりました。

…で、相手の領域にもほぼ口を挟まないのですが、昨日、見つけてしまいました。

職場の夫のデスク前の窓、カーテンで隠れた部分にズラリと並ぶ、お菓子の缶!

空き缶

いつからここにあったのか、缶なのに色あせています。

スタッフの東京土産ですが、中身を美味しくいただいて、缶はそのまま放置したようです。

これはアカンなーーーー。(カンだけに(^^ゞ)

相手の領域以前の問題かもしれません。

一応、許可をとって、全捨てです。

お菓子の缶や箱は、可愛くてきれいな物が多く、ついついとっておきがちですが、いつか何かに使うだろう…という理由であれば、いつかは来ないことを知ったうえで、意図的にそうしてくださいね。

忘れて放置していたのなら、今すぐ、処分するのがよろしいかと。

缶と箱の断捨離については、こちらの記事がお役に立つかもしれません。

→断捨離マラソン「箱」

色褪せた缶を捨てて、得意満面のワタクシでしたが、はて、自分は大丈夫だろうか…と、チェックしてみました。

するとキッチンの物入れの奥にこんな缶が!

空き缶

あちゃー、人のことは言えません。

クリスマスのお菓子だから、もう半年、放置されていたことになります。

「人の振り見て我が振り直せ」の典型ですね。(^^ゞ

失礼いたしました~~~。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。