これまでの数えきれない選択の結果が今の私

私たちの毎日は、選択の連続だ。

就職や結婚など人生を左右する重要な選択から、コーヒーと紅茶どっちにしようとか、今日のアクセサリーはゴールド、それともシルバー?とか、大勢に影響のない小さな選択まで。

必ずしも自分の意志で選んだものばかりではないかもしれない。

親の意向があったり、世間の目があったり、損得勘定があったりで、不本意な選択もあっただろう。

それでも、そのひとつひとつを選択してきた結果が、今の自分なのだ。

なにかを選べば、同時にほかの選択肢を切り捨てる。

選ばなかったものたちの中に、本当は魂が切望していた選択があったのかもしれない。

あの時、あっちを選んでいれば…。

だけど、そんなタラレバを論じても、時間を巻き戻せるわけではないので、意味がない。

ただ切り捨ててきた無数の選択肢を、なかったものとするのではなく、ああ、あの時、選ばなかったんだ…と、ちゃんと認めておくのは、自分をトータルに見るためにも、悪くないと思う。

選択肢

生まれたばかりの赤ちゃんは、お腹がすいた、抱っこして、おむつが濡れて気持ち悪い…と、自分の要求をシンプルに表す。

お腹が空いたけど、お母さんが忙しそうだから、今は泣くのを我慢しよう…とかいう選択肢はない。

お腹がすいた → おっぱい。以上!

だけど成長するに従って、私たちの思考や感情はどんどん複雑となり、遠慮したり、我慢したり、バランスを考えたり、人の目を気にしたり、虚勢をはったり、意地をはったりして、本当に望んでいることやものでも、切り捨てたりする。

…だけど、きっとどこかに、その時の想いは残るんだよね。

そんな選択が、山ほどある。

小さいものも含め、1時間に10回、なんらかの選択をしてきたのだとしたら、

生きてきた日数 × 起きていた時間 × 10。

私の場合、327万回の選択をしている。

時間によっては、1時間あたりの選択数は、もっと多いと思うから、もしかしたら500万回くらいいっているのかも…。

その500万回の選択の集大成が今の私なんだ…。

選択肢

そして今日の選択が、明日の私を創る…。

昼休みに草むしりをするか、昼寝をするか。

アイスクリームを食べるか、やめておくか。(ダイエット中)

晩御飯を、肉じゃがと焼き魚にするか、ハンバーグにするか。

夜、ブログを書くのか、テレビを見るのか。

入浴剤は、ミントにするのか、ローズにするのか。

11時に寝るのか、12時に寝るのか。

相手のアラを探すのか、可能性にフォーカスするのか。

相手を責めるのか、自分自身にベクトルを向けるのか。

昔の傷をなめて被害者面をするのか、自分の本心を見る機会とするのか。

ひとつひとつの選択が明日の私を創るとすると、さて、私はどっちを選びたいのだろう。

その結果として、なにを切り捨ててもよし…とするのだろう。

ちこちゃんに言わせると「ぼーーっと選んでんじゃねえよ!」ってとこかな。

 

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。