カラスの巣立ちを見守る

3月の初め、庭のヒマラヤ杉に、シジュウカラの夫婦が巣を作り始めた。

シジュウカラの子育てが間近でみられるなぁ…と楽しみにしていたが、巣が完成した途端、夫婦はぱったり来なくなった。

しっかりした巣に見えるけど、どうしてだろう…。

しばらくして理由が判明した。

隣接する街路樹に、カラスが巣を作ったのだ。

カラスの巣に見下ろされる場所は、シジュウカラには危険極まりない。

どんな場所でも、100%安全とは言えないけれど、わざわざ天敵のご近所で、子育てはしたくないわな。

せっかく作った一戸建てだけど、放棄するのも頷ける。

カラス

ほどなくして、カラスの巣には、親鳥が常駐するようになった。

巣からはみ出した尾羽が、時々動く。

抱卵が始まったようだ。

メタセコイアもまだ芽吹き前で、巣は我が家の二階の窓から丸見えだった。

鶏の抱卵は21日だけど、カラスはどのくらいなんだろう…。

ちなみにカラスの卵は、薄いブルーグリーンに、ウズラの卵のような斑点がある。

意外にラブリーな外見だそうだ。

やがて、じっと座っていた親鳥が、巣を離れるようになる。

卵が孵って、子育てが始まったのだろう。

今年の春は、とにかく暑かった。

5月なのに30度を超えたりして、子育ては大変だったと思う。

食べ物はいいとして、水分はどうしていたのか。

脱水や熱中症にならなかっただろうか。

親ってものは、人間でもカラスでも、大変な役目だ。

子育て

夫はまだ子どもだった頃、巣立ちしたばかりで、うまく飛べないカラスの子を、追いかけたことがあるそうだ。

カラスの子は、バタバタもがきながら飛んで、畑の真ん中に着地した。

そこへ親鳥がやってきて、羽を広げて、子ガラスを守るような仕草をした。

ちょうど雨も降っていて、雨から子を守ったのか、人から守ったのか…。

夫の人でなし加減は、まあ、子どもだったので目をつぶるとして、親カラスの健気さには、ホロリとする。

 

そして今朝、カーテンを開けたら、そぼ降る雨の中、巣の中でしきりにバタバタ羽を動かす子ガラスが見えた。

親2羽は、巣に来て、また飛び立って、遠くで鳴いて、しきりに子ガラスを促している。

ああ、巣立ちの朝が来たんだ。

だけど子ガラスは、怖いのか、なかなか飛ぼうとしない。

無理もない。

これが子ガラスにとって、初めての決断、初めてのバンジージャンプだ。

手に汗握って、頑張れ!…と夫と二人、応援してしまった。

我が家にも、巣立ちしたような、してないような子どもが二人いる。

だから、人様(カラス様)のご家庭の巣立ちも気になってしまうのか…。

カラス

子ガラスは2羽。

飛びそうで、飛ばない。

ずっと見ていたかったけれど、出勤が迫り、時間切れ。

頑張れよ…と後ろ髪引かれながら、現場を後にした。

さて、帰宅した時、巣に子ガラスは、いるのか、いないのか。

どっちだろう。

〈追記〉

6月8日 15時 2羽は巣の端にとまったまま。今日は巣立ちしないらしい。

6月9日 7時 盛んに羽ばたくが、飛ばない。親は近くの屋根にいる。

6月9日 10時 巣にいない…と思ったら、1メートルほど上の枝に。飛ぶというより、枝から枝へジャンプして上ったもよう。カラスのくせにチキンだ。

6月9日 17時 1羽は、さらに1メートル上方の枝に移動。もう1羽は巣にいるようだ。親鳥が木の周りを飛んでいる。本日の巣立ちもなさそう。

6月10日 6時半 どうも1羽は飛んだようで、姿が見えない。もう1羽は、巣の中で、呑気に羽繕い中。親鳥が、周囲を飛んでいる。きっと「はよせんかい!」と思っているはず。

6月10日 18時半 2羽が巣の中にいる。夕方になって飛び立った1羽が戻ってきたようだ。慣れ親しんだ我が家で眠りたいのは、誰しも同じ。夫が「くーちゃん、おやすみ」と挨拶。いつの間にそんな名前が…。

6月11日 7時 1羽は不在、もう1羽は巣の縁に。夜は一緒に巣で寝たようだ。見分けがつかない2羽なので、片っぽだけが外に出ているのか、交互に出ているのかは不明。

6月11日 18時半 薄暗いのではっきりしないが、巣には誰もいないもよう。

6月12日 7時 巣は空っぽ。巣立ち完了。…と思ったら、1羽がぴょこんと顔を出した。なんだ巣の中に丸まってたのか。

6月12日 13時 誰もいないように見えるが…。

6月12日 19時 1羽は巣の中、もう1羽は巣から少し上の枝にいるやんけ。ずっと見張っているわけではないので確証はないが、たぶん、くーちゃん1号は、昼間は外を飛び回り、夜だけ2号のそばに帰ってくる。2号はまだ飛んでないのかも。

6月13日 6時半 くーちゃん2号は巣にいるようだ。1号の姿ない。さすが鳥、朝が早い。親鳥の姿はない。もう勝手にせーよと、行ってしまったのかもしれない。

6月14日 5時半 ものすごい鳴き声で目が覚める。なにが起こったのか…と慌ててカーテンを開けたが、その時は騒ぎは収まっていて、何が起こったのかは謎。トンビにでも襲われたのか。心配。

6月14日 13時 1羽だけ巣にいることを確認。無事だったらしい。

6月15日 朝陽に向かって堂々と胸を張っているが、空威張りしてないで、そろそろ飛んでみたら?

6月16日 朝からすごい雨。巣の中でもごもご動く影。びしょ濡れだろうに。

6月17日 19時 1羽のみポツンと巣にとまっている。孤高のカラス。堂々とした姿が逆に哀れ。近くの民家の屋根に2羽、別のメタセコイアに1羽確認できる。遠巻きに見守っているのか。

6月18日 朝陽がまぶしくて巣を直視できないが、カラスの姿は確認できない。もしかして…?

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。