松坂桃李主演・居眠り磐音

居眠り磐音…って、なんちゅー名前だろう。

いつもこっくりこっくり船を漕いでいる、スチャラカな侍の話かと思いきや、そうではなくて、剣術の構えから命名されたようだ。

佐伯泰英の小説『居眠り磐音 決定版』の映画化。

居眠り磐音

主演は松坂桃李。初の時代劇主演だそうだ。

3年間の江戸勤番を終えた磐音は、幼馴染みの琴平、慎之輔とともに、九州は豊後関前藩に戻った。

居眠り磐音

ウキウキしているのにはわけがある。

慎之輔は恋女房の舞と3年ぶりに会えるし、磐音も奈緒との祝言を控えていた。

舞も奈緒も琴平の妹で、3人は元々仲がよかっただけでなく、親せきになるのだ。

居眠り磐音

ところが、どうしてこんなことになったのか、帰藩したその夜、慎之輔が舞を切り、その報復に琴平が慎之輔を切り捨てる。

その後、狂ったように復讐を重ねる琴平を、磐音が手にかけざるをえなくなる。

友人であり、許嫁の兄でもある琴平を切った…。

悔やんでも悔やみきれない咎をかかえ、磐音は関前藩を去る。

奈緒には何も告げずに。

流れ流れて舞い戻った江戸で、昼間はうなぎ屋で、夜は用心棒として両替商の今津屋で働き始める磐音。

穏やかで、いつも笑みをたたえた貧乏浪人が、内に抱えた苦しみについては、誰も知らない。

やがて田沼意次の経済政策に反対し、私腹を肥やしたい両替商の一派が、今津屋をつぶそうと動き出す。

居眠り磐音

この親分が、江本明なのだが、そのクソジジイぶりが、なんとも圧巻だ。

100人いたら99人までが、耳の穴から手ぇ突っ込んで、奥歯ガタガタいわしたろか!…と言いたくなるほど、憎ったらしい。

それを狙っているのだろうから、上手い!…としか言いようがない。

琴平役の息子・江本佑とともに、名演技で映画を盛り上げる。

江本明が、「お前はこれから誰かを切る度に、友を切った感触を思い出す」と言い放つが、生き地獄は百も承知と返す磐音。

居眠り磐音

最後に関前に残してきた奈緒と再会するのだが、磐音にとっては一番悲しいシチュエーションとなる。

まさに生き地獄…。

きっと磐音は、すぐそばにある幸せにも背を向けて、生きていくのだろう。

松坂桃李は、「つなぐ」の頃から注目していた。

今後が実に楽しみな俳優さんだ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。