愛は圓八のあんころの形を借りてやってきた

ゴールデンウィーク明けからせっせと草むしりをして、もう力尽きそう…とブログに書いた翌日、思いがけない『愛』が届いた。

その日も、朝から暑かった。

午前の仕事を終えて、さぼりたい気持ちもあったが、自分を奮い立たせて、屋外に出る。

40分ほどの草むしりを終え、さて、午後の仕事に戻ろうか…と思った時、ピンポ~~ンとチャイムが鳴る。

誰だろう…とドアを開けたら、長袖・帽子・サングラス・手袋と、日焼け対策ばっちりのやっちゃんが立っていた。

やっちゃんは、断捨離やイメトレを通じての友人で、今年春には、南前ひとみチーフ断捨離トレーナーの講座を富山で主催した人物。

ニコニコしながら、「はい、陣中見舞い♡」と手渡してくれたのは、圓八のあんころ。

小さなお餅がたっぷりの餡子にくるまれた、ほっこりするお菓子だ。

ラッピングも、昔懐かし竹の皮。

石川県民なら、知らない人はいない。

圓八あんころ

やっちゃんは、前日の心折れそうなブログを読んで、急遽、あんころを持って、激励と慰安に来てくれた。

ありがたいなぁ…。

何かしてあげたいという気持ちがあっても、たいてい私たちは、そこで終わってしまう。

実際の行動までには、いくつものハードルがあるからね。

あんころも嬉しかったけれど、なによりやっちゃんの気持ちが嬉しかった。

あんころの形をした愛を受け取って、勇気りんりん、元気百倍。

その後も草むしりに励むことができた。

結局、17袋を完むしり。現在も記録更新中だ。

圓八あんころ

それではここで、圓八のあんころについて説明しよう。

創業280年、あんころの圓八は旧松任市(現在白山市)に拠点を置く。

元文2年(1737年)、村山家当主は裏庭に羅漢柏を植えた後、妻子を残して姿を消した。(←とんでもない奴?)

妻子はたちまち生活に困ったが、しばらくして天狗の姿をした当主が夢枕に立ち、あんころの作り方を告げた。

そのレシピ通りに餅を餡にくるんで売り出したところ、大当たり。

以来、一家相伝、秘伝のレシピを守り続けている。

石川県内にいくつも店舗があり、金沢駅や小松空港でも販売しているし、もちろんオンラインでも購入できる。

圓八HPはこちら。

赤福に似てないこともないが、石川県民なら、断然、あんころでしょ!

あんころモチは突然に…なんちって。(^^ゞ

あんころ餅は突然に

やっちゃん、ありがとう(≧▽≦)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。