大人の旅は、スーツケースのメンテナンスをして仕舞うまでは終らない

子どもには「家に帰るまでが遠足」と言うけれど、では大人の旅行の場合は?

大人は家に帰りついて、ほっとしてひと風呂浴びて、家族にお土産を渡し、スーツケースの中身を出して、汚れ物は洗濯し、スーツケース自体をきれいにして仕舞って、初めて旅行が終わるのだと思う。

かつての私は、当面必要な物だけを取り出して、中身が半分入ったスーツケースを長い間、放置していた。

スーツケース

畳の上にパカンと口を開けたスーツケース。

違和感むんむんではあるが、非日常に使う物たちなので、別段困りはしない。

見て見ぬふりをしていた。

でも、それってよくないなぁ…と、断捨離を極めるにつれて、自分で思うようになった。

今は、帰ってきたら、その日のうちに、疲れ果てていたら、少なくとも2~3日中には、スーツケースを片づけるように心がけている。

そしてね、以前は気にも留めなかったことだけれど、片づける時にスーツケースの汚れも落とすようになった、…ごく自然に。

特に飛行機に手荷物を預けた場合、手元に戻ってきたスーツケースに、けっこう汚れていることが多い。

スーツケースのメンテ

こんな汚れがいっぱいついてくる。

真っ白だったスーツケースが、一体どうしたらダルメシアンみたいになってしまうのか。

その昔、搭乗した機内から見たことがあるが、係員たちが荷物積載口にスーツケースをぼんぼん投げ入れていた。

あんな風に扱われるのであれば、あちこちぶつかって、汚れや傷がつくのは当然だ。

頑丈なスーツケースが割れたりするケースもあるのだから。

…でも、ベルトコンベアに擦れたような、この手の黒いシミは簡単に落とせるのだ。

メラミンスポンジ

使うのはメラミンスポンジ。

水に濡らして、黒い汚れをこするだけでOK。

スーツケースのメンテ

ではやってみよう。

スーツケースのメンテ

少~~~し跡は残るが、遠目には分からない程度にはきれいになる。

目立つ汚れを落としたら、全体を乾拭き。

スーツケースのメンテ

アルコールで拭く人もいるらしい。

忘れちゃいけないのが、コロコロのタイヤ部分。

あちこち転がされて、どれだけ汚れていることか。

これは意外と盲点で、このまま仕舞ってしまう人、けっこういるかもしれない。

水拭きでもいいかもしれないが、私はシャワーで洗っちゃう。

スーツケースのメンテ

本体のジッパー周りは濡らさないよう、気を付けながら。

台所の中性洗剤を使用して洗う。

しっかり乾かしてから、クローゼットへ。

今回はお疲れ様。次の旅行も一緒に楽しもうね…と願いを込めて。

これで大人の旅は終わりとなる。(…と思う)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。