Chikako的4月1日の過ごし方

4月1日は特別な日。

エイプリルフールだけじゃなく、新元号が発表されるだけでもなく、私の生まれた日だから。

その日、新宿の日赤病院の窓の外は、満開の桜。

母は「さくらちゃん」と名付けたかったそうだ。

だが、祖母(母にとっては姑)が、早死にしそうな名前(パッと散る)だからと却下。

結局、祖母の懇意にしているお坊さんがつけてくれた、それがChikako。

赤ちゃんだったChikakoも、いつの間にやら熟年に。月日の経つのは早いもの…。

令和

新しい元号は、令和。

事前の予想大会で上位にいた永和よりも、響きが涼やかできれいだ。

万葉集からの引用というのも、いいじゃない!

日本の元号だもの、日本古来の文化からとってくるのが、筋だと思う。

そうか私は、昭和・平成・令和と3つの元号をまたいで生きる女になるのね。(^^ゞ

平成

31年前、故小渕官房長官が、平成の文字を掲げた時、私はスキー場にいた。

昭和天皇が崩御され、バタバタと決まった感のある元号だった。

新しい時代が始まる…というより、喪に服す空気が強く、スキー場ではゲレンデの音楽を全てカット。

私たちは静寂の中、神妙な顔をして、黙々と滑っていた。

そして今日、菅官房長官が、令和を掲げようとしていた時、私は何をしていたかというと…、宅配便を受け取っていた。

まさに、え?今?…なタイミングだった。

プレゼント

送り主は娘。

コーギーの枕カバー

あら、コーギー?なにかしら?

コーギー枕カバー

真ん中がへしゃげている。ぬいぐるみじゃない。

コーギーの枕カバー

なんと枕カバー!お腹の部分に枕を入れると、コーギーになる。

いつまでたっても愛犬を忘れられない私への、娘からの誕プレだった。

着払いで送ってくるところが、彼女らしい。

でも嬉しいぞ。ありがとう。

ロッキー

新元号を見届けたら、今日は行きたい所があった。

昨年1年間のお礼と、これからの1年のお祈りに、白山比咩神社へ。

ちょうど玄関を出ようとした時、長らくご無沙汰している友人から、近くまで来たから会えないか…とメッセージが入る。

これが神の計らいでなくて、なんなんだ。

白山比咩神社へ一緒に行かないかと誘ってみたら、二つ返事でOK。

2人ともお昼ご飯がまだだったので、私たちの間では、”アレ”で通じるアレを食べることにした。

待ち合わせは、甘味処・善与門。

善与門

お参りもしないで、まず腹ごしらえって、どうよ…と話していたら、女将さんが「腹ペコでお参りすると、あれもこれもお願いしちゃうから、よくないよ」とフォローしてくれた。

メニューも見ないで、オーダーしたのは、もちろん知る人ぞ知る、善与門のおぜんざい。

善与門のぜんざい

草餅の焼き加減も、善哉の甘さ加減も絶妙すぎる…。

2人して、「嗚呼~~~幸せ~~~♡」と絶叫してしまった。

つもる話に夢中になっても、忘れちゃいけない、お朔日参り。

白山ひめ神社

昨年1年は、動きのない年だったけれど、いろんな感情に翻弄され、かなり苦しい日々だった。

だけど、やっとそういう諸々を卒業し、迎える今年、私はきっと新しい扉を開く。

振り返らないように、引き戻されないように、どうぞ導いてください。

すみれ

足元には、私の大好きなすみれが咲いていた。

フランドールのケーキ

帰り道、自分のためにケーキを買った。

フランドールさんのフルーツカスタードパイ・スペシャルいちごショート、めで鯛ケーキ。

めで鯛ケーキ

めで鯛ケーキをよく見ると、ホワイトチョコのヒレがついている。

卒業・入学シーズンの季節ものらしい。

滅多に帰ってこない息子がいたので、一緒にハッピーバースデー。

今年1年の抱負は3つ。

① ブログをしっかり書く

② なにか運動をする(バレエレッスン再開か?)

③ 早寝を心がける。(遅くとも12時半にはベッドに入る)

宣言をすると、3日坊主になった時、恥ずかしいけれど、自分に大甘なことが分かっているので、あえて退路を断ってみる…。

1日1日、一生懸命生きる1年にしよう。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。