スーパームーンの夜に花咲く瞑想会

瞑想というと、以前はなんだか怪しいことと思っていた。

だけどそうではなくて、忙しい現代社会、常に走っている状態だけれど、ちょっと立ち止まって、全ての仕事や義務やタスクを脇に置き、心を無にして、静かな時間を持つこと。

別に怪しくも妖しくもないし。

日本人が昔からやっていた座禅とか祈りとか精神統一とか、そういう言葉に置き換えたら、馴染みやすいかもしれない。

瞑想をしている時、何を考えたらいいの?…と聞かれたことがあるが、何も考えなくていいの。思考する時間じゃないから。

とは言っても、私たちのニューロンは休むことなく働き続けるから、雑念を払うことは、なかなか難しい。

そんな時は、ただ呼吸に意識を向けるといいらしい。

ああ、今、吐いてる。今は吸っている。

空気がお腹に満ちてきた。鼻孔を空気が通過していく。

それは、まさしく「今・ここ」だから。

吸ってるな~~と意識している時、その一瞬ではあっても、今日の晩御飯はなににしようというような思考は、入ってこれない。

そうやって徐々に無になっていけばいい、ただそれだけ。

 

瞑想は一人でやってもいいし、グループでやるのもいい。

私はどちらも好きだ。

一人で窓辺に座り、鳥の声や雨音を聴きながらや、誘導瞑想のCDをかけながら、目をつむっている時間。

そこに私以外の存在はなく、ただ自分を感じる。

グループ瞑想の時は、そこに集う人のエネルギーが相乗効果を生み、平穏も静寂も安心感も増幅される。

花咲く瞑想会

昨日は木花咲弥の会が主催する、花咲く瞑想会スペシャルバージョンに参加してきた。

新月や満月に開催される瞑想会。

雨でスーパームーンは隠れていたけれど、目に見えなくても、月はちゃんとそこにある。

クリスタルボウルの演奏を聴きながらの誘導瞑想。

今回のテーマは「豊かさ」で、豊穣の女神アバンダンティアを召還しての演奏だった。(←この辺りのこと、私はよく分からない)

ただただクリスタルボウルの波動が好き。

身体を預けるという感じ。

ものすご~~くリラックスできる。

花咲く瞑想会

瞑想の後は、ひとりずつ、花と話せるお花屋さんの初崎さんから、その人のために選んだ花一輪と花からのメッセージをもらう。

これが毎回、とても楽しみで。

今の私にぴたっとくるのは、どんな花かな。

その花は、私に何を伝えたいのかな。

トルコキキョウでした。

よく見ると、花芯が濃い紫ピンク。

なにか強い想いを秘めている感じ。

そしてこのトルコキキョウが私に伝えたかったメッセージは…。

花からのメッセージ

ひゃっほーと叫びながら(叫ぶの?)、すべり落ちる(すべり降りるではなく落ちる?)

私はあまりはしゃぐほうではないので、ひゃっほーなんて歓声とは縁がないのだけれど、そんな風に叫んでいる自分を想像すると、あれ?なんかドキドキしちゃう。

クリスタルボウルの奏者、なんなさんが、触ってもいいよ…と仰るので、では遠慮なくと触らせてもらった。

ちゃんと音が出て、嬉しい(^^♪

クリスタルボウル

花咲く瞑想会の様子は、初崎さんのブログをどうぞ。

次回は3月7日だそうです。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。