ワイコロアビーチマリオットのルアウショーで、舞台に上がり腰を回して踊ってしまった(#^.^#)

ハワイ島旅行記、つづきます。

初日、ホテルにチェックインした時、話しかけてきたスタッフがいました。

ちょっと失礼な話ですが、その方の第一印象は、屋敷しもべのドビー。(ハリー・ポッターのキャラクター)

なんでかしら…と思ったら、声の調子と話し方がよく似ているのです。

遠いハワイで出会ったドビー。

瞬時に親しみを感じました。

そのドビーが勧めてくれた、ホテル内で月曜日と水曜日に開催されるサンセット・ルアウショー。

予約をしてくれると言うので、お願いしました。

ドビー

夕方、陽が傾いてきた頃、お客さんが集まってきます。

10人掛けの円卓が12個ほど。最高収容人数400人とありますから、今はオフシーズンなんですね。

飲みほがついているので、ドリンクテーブルで、それぞれ好きな飲み物を頼みます。

半袖でいるには肌寒く、私たちはパーカー持参。念のために持っていったパレオも役に立ちました。ハワイといえども、夜は冷えます。

同じテーブルには、山口からいらした母娘連れとバーモント州からのファミリー。

山口の母娘は、娘さんが私の年代。親孝行だな~~~。

バーモント州からのファミリーは、お母さんが放射線科の医師で、5日間に及ぶ学会に出席、つまりお仕事で、眼科医のお父さんと娘さんはバカンス。

娘も医療関係の学校なので、日本の認定制度などについて聞かれました。

「血を見たくない」と言う娘に、「なら、断然放射線科よ!」とリクルートされていました。(^^ゞ

しばらくすると、イム(Imu)を掘り出すとのアナウンス。

イムとは、地面に掘った穴に熱した石を並べ、食材を乗せて蒸し焼きにするハワイ式のかまどです。

この日の朝9時に仕込んだ食材を、お客さんの目の前で掘り出します。

屈強なハワイアンが地面をザクザク。

イム

土の中から現れたのは…。

イム

丸焼きになった豚さん。

これはほぼ骨の部分で、お肉はすでに切り分けられ、金属のパンに入った状態で蒸されていました。

イム

豪快ですね。たっぷり塩が塗り込んであります。

そしてお待ちかねのディナー。ビュッフェ形式です。

ルアウショー

どれも美味しそうです。少しずつでいいから、全部食べてみたい!

ルアウショー

↓真ん中のお肉が先ほど掘り出した豚さんです。こんなに小さくなっちゃって…。紫のペーストは、ヤムイモのポテトサラダ。

ルアウショー

肌寒い中でずっと待っていたので、みんなお腹がペコペコです。

食事をしていると、程よく日も暮れて、ルアウショーが始まります。

残念ながら、この日の夕焼けは、しょぼかった…。

ルアウショー

暗いので、写真がとっても下手くそです。

フラは言うに及ばず、タヒチやフィジー、サモアなど、ポリネシアの島々の特徴的な踊りが披露されます。

途中、ほら貝を吹く対決があったり、誕生日の人を祝ったり、新婚さんをはやしたてたり、一番長く続いている夫婦を紹介したり、お客さんも一緒に盛り上げていくスタイル。

一番ベテランの夫婦は、結婚59年だったかな。20歳で結婚したとして、今79歳?結婚したカップルの2組に1組が別れると言われるアメリカに、こんな人たちもいるんですね。尊敬~~!

長続きの秘けつをインタビューされて、ご主人は”Work hard”(努力)と答えたのに対して、奥様は真顔で”Jewelry”(宝石!)と即答して、会場は爆笑の渦。

舞台で愛の踊りが披露される中、司会者にうながされて、幾組ものカップルが踊り始めました。

私たちのテーブルのすぐ横では、かなりご高齢カップルがムードたっぷりに踊っています。若い頃は、たっぷりしたスカートにポニーテールで、ツイストとか踊ってたのかな。

ショーも終わりに近づいた頃、ダンサーたちがバラバラと客席に降りてきました。

なにをするのかと思ったら、お客さんを舞台に連れ出しています!

そして胸筋ムキムキのダンサーが私の前でぴたりと止まり、さあ!と言わんばかりに手を出しました。

ひょえ~~~、私?

有無を言わさぬ感じで舞台に連行され、こういう風に踊れと、両腕を高く上げたまま、腰をぐるぐる回します。あのベリーダンスみたいなやつ。

見よう見まねでやってみるも、もっとセクシーにと注文が入ります。

客席からは、歓声と指笛の嵐。

え~~い、旅の恥はかき捨てじゃ!…と、体を密着させて、思いっきりクネクネやってやりました。どうだ!

写真?もちろんありませ~~~ん(#^.^#)

ルアウショー

飲んで、食べて、大騒ぎして、そのまま部屋に戻れるのって、楽ちんです。

明日も予定はないけれど、むしろそれががいいんじゃないか…と思い始めた2日目の夜でした。

P.S. 楽しかったよ、ドビー。ありがとう。

つづく。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。