進学や就職で旅立つ君へ 跡を濁さない鳥になろうね

JR金沢駅、新幹線の改札前に、10人ほどの若者。

エレキギターを背負った細っこいお兄ちゃんを、ぐるっと取り囲んでいる。

ひとりずつ近寄って、ハグ。

その度に、泣いちゃうお兄ちゃん。

「頑張れよ」、「有名になれよ」と檄が飛ぶ。

ああ、なるほど。高校を卒業し、これから上京するのか。

夢はミュージシャン?

友達が見送りに来てるんだね。

新しい世界に飛び込んでいく仲間を、みんなで応援しているんだね。

北陸新幹線

春は旅立ちの季節。

ここまでドラマティックでないにしろ、こんな別れの風景があちこちで繰り広げられる。

進学や就職で旅立つ若者たち。

希望を胸に、未来へ羽ばたく・・・。

でもその前に。

 

立つ鳥跡を濁さず。

自分の後始末は、きっちりつけていこうね。

 

人生の節目で、ステージが変わる。

どうしても未来に目がいってしまうから、振り向くのは難しいかもしれない。

だけど、君をこれまで育んできてくれた場所を、ないがしろにしてはいけない。

これまでありがとう・・・、感謝をこめて、片づけよう。

 

君が巣立った後も、家族の暮らしは続く。

その生活の場が、君の残した不要なモノで埋め尽くされていたとしたら・・・?

 

以前、結婚で家を出るが、大量の漫画本は実家に置いておく・・・という若者と話したことがある。

Chikakoプロフィール
Chikako

まだ読むの?

花嫁
若者

いや、でも、もしかしたらまた読みたくなるかもしれないし。

Chikakoプロフィール
Chikako

どのくらいあるの?

花嫁
若者

1000冊以上あるかな。

Chikakoプロフィール
Chikako

持ち主が家にいなくなっても、1000冊以上の本と一緒に生活する、ご両親のこと、考えたことある?

親だからいい・・・と思っちゃうのかもしれないけれど、これが大学の研究室や友達の家でも、同じことができるかな?

 

自分の後始末をつけないまま、新しい生活に飛び込んでいくのは、ある意味、自分のことしか考えていないと言える。

そしてね、旅立って行く方は希望に満ちあふれてワクワクしているけれど、見送る方は、けっこう切ないんだということを知ってほしい。

でも自分たちの寂しさは押し殺して、笑顔で君を送り出す。

そんな家族の優しさに、大人へのステップを踏み出す君も、優しさで応えようじゃないか。

 

これまでありがとう、新天地で自分も頑張るから、元気でいてね。

・・・そんな気持ちを込めて、これまでの生活空間をきちんと片づけてから、飛び立とう。

区切りをつけたほうが、きっと君自身も気持ちがいいし、人生の流れも滞らないから。

 

君の未来に幸あれ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。