ノナちゃんがやってきた!コーギーの女の子が我が家に1泊ホームステイ

近所にかわいいコーギーがいる。

人懐こくて、愛くるしくて、元々コーギー大好きな私は、一目でとりこになった。

数字にちなんだお名前にしたかったので、ギリシャ語で9を表す❝ノナ❞ちゃんにしたそうだ。

でもお孫さんは、野菜が好きだから、野菜(のな)なんだよね~~と言うらしい。

その可愛くて野菜が好きなノナちゃんを、我が家で1泊お預かりすることになった。

経緯

我が家にも4年前までコーギーがいた。

長野で生まれた仔犬を、家族全員でお迎えにいった。

ロッキーと名付け、家族の一員として一緒に暮らした日々。

犬がいる生活は、お金や労力の面で大変なこともあったけれど、とても楽しかった。

そのロッキーが虹の橋を渡ってしまってから、私たちの心にはぽっかりと大きな穴が開いた。

もう一度会いたいとどんなに願っても、もうあの温もりを抱きしめることはできない。

思い出すたびに、涙が出た。

あれから4年、今もロッキーのことを忘れてはいないけれど、泣くことはなくなった。

ロッキー

そんな時に出会ったのが、ノナちゃんだった。

初対面から、私の脚にまとわりつき、撫でて、撫でてと愛嬌を振りまく。

懐かしいなぁ…。

この目、この感触、この匂い。

その後も、町内でお会いする度に撫でさせてもらった。

車で走っている時に、お散歩中のノナちゃんを見かけ、わざわざ車を降りてハグさせてもらったことも。

毎回、イチャイチャする度に、もし預かり先が必要な時は、ぜひ我が家に…と、ホームステイ先として立候補した。

ノナちゃんの様子に安心してくれたのか、私のプッシュに根負けしたのか、いつもはペットホテルを利用するのに、今回は我が家に預けてくれることになった。

お試し訪問

いきなり一泊では、ノナちゃんも戸惑うし、飼い主さんも反応を見たかったので、本番の10日ほど前に、我が家に遊びにきてくれた。

足を拭くと、なんの躊躇もなく、上がってくるノナちゃん。

そのまま部屋を歩き回って、クンクン匂いをかぐ。

もうロッキーの匂いは残っていないと思うけど、どうかしら。

30分ほど、飼い主さんとお茶を飲みながら、様子を見ていた。

その後、飼い主さんだけしばらく家を出る。

ノナちゃんは、玄関をウロウロしながら、ワン!と1回吠えたが、私が「おいで~~」と部屋から呼ぶと、トテトテ走ってくる。

飼い主さんがいないことは気になるけど、我が家がイヤというわけでもなさそうだ。

ノナちゃんが遊びに来るからと、わざわざ関東から帰ってきちゃった娘も、存分にナデナデさせてもらって、至福の時を過ごした。

ノナちゃん

ホームステイ1日目

朝10時、お泊りグッズとともにやってきたノナちゃん。

二度目とあって、もう慣れたもの。

早速キッチン周辺を探索している。

飼い主さんが出かけた後、アレッ?…と思ったのか、玄関に。

3分くらいウロウロして、ひと声「ワン!」と吠えた。

「大丈夫だよ、明日まで一緒にお留守番しようね。」と声をかけた。

ノナちゃんは、伏せをしたり、ゴロンと横になったり、玄関でふて寝を決め込んだが、2時間くらいで気が済んだようだ。

自分から部屋に入ってきて、私のそばに座ったり、クンクンしたり、さらに寝たり、気ままにしている。

夕方のお散歩

ノナちゃんのお泊りで、私が楽しみにしていたことのひとつが、お散歩だ。

ロッキーがいる当時、どんなに大雨でも吹雪でも熱帯夜でも、朝晩のお散歩は欠かせなかった。

今日は行きたくない…と思ったことが、何度あったことか。

だけど、お散歩に行けなくなると、途端にもっとたくさん歩いてあげればよかった…と後悔するのだから、人って勝手なものだ。(あ、私?)

久しぶりにエアマックスを履いて、勇んで出かけた。

さあ、歩くよ~~~!

だがノナちゃんは、あまり気乗りがしないよう。

黄色に染まったメタセコイアの並木を歩きたかった私に反して、自宅の方へ行きたいと主張する。

メタセコイア

じゃあ、ワンコが集まる公園に行こうか?

その昔、ロッキーといつも散歩に行った公園には、今も変わらずワンちゃんが集まっていた。

ワンちゃんたちも世代交代して、顔ぶれがずいぶん変わっている。

その皆さんが、怪訝そうな顔で私たちを見る。

犬はノナちゃんだけど…、なんでChikakoさんが一緒なの?

一晩預かっていることを伝えると、ちょっと驚かれた。

そうね、犬ってけっこうデリケートだから、違う環境だと不安定になったりするからね。

おまけにバリケンもケージもないと言うと、すごいね、ノナちゃんはお利口なのね…と。

仲良しの数頭が、家まで送ってくれて、1時間半のお散歩は終了。

めっちゃ楽しかった。

ノナちゃん

夜のご飯

なんでも食べるよ…と言われたけれど、やっぱりよそ様のお嬢さんだし、滅多なものはあげられない。

お預かりしたフードと軽く蒸したキャベツと人参が、ノナちゃんの夕ご飯だ。

お皿に入れてあげたら、秒で完食。

コーギーはどの子も食いしん坊。

リンゴを剥いていたら、ちょうだい!…とかなり強めに要求された。

リンゴなら、まあ、いいかな…と、一口サイズを三つお夜食に。

家族の反応

ただいま~~と帰宅した夫を、ノナちゃんが玄関まで迎えに出る。

「お、来てたのか、ノナちゃん」と途端に相好を崩す。

待て待て、メガネ取るから…って、なんのことかと思ったら、メガネを外して、ノナちゃんに顔をペロペロさせていた。

え~~~~?ロッキーにもそんなことさせなかったのに。どういうこと?

もう二度と犬は飼いたくない…と言う夫だが、それは犬が嫌いだからじゃないんだな。

そして、コーギーが来てるよ…とLINEをしたら、なんと滅多に帰ってこない息子までもが、帰宅。

可愛いノナちゃんを見て、おお~~~と感嘆したかと思ったら、すぐスウェットに着替えてきた。

床にベタンを座り込み、膝に飛び乗ってきたノナちゃんとベタベタしている。

みんな、なんだかんだいって、コーギーが大好き。

ノナちゃん

ノナちゃんの様子

ノナちゃんは別段寂しがる様子も見せず、リラックスしているように見える。

誰にでも甘えられる特技は、是非、見習いたいものだ。

階段は登れないということで、1階部分のみを行き来しているが、和室はNGとした。

ロッキーには許されなかったラグやソファの上も、その甘いマスクで「いいでしょ?」とおねだり。

みんなもうデレデレなので、「まあ、いいか」と許してしまった。

もはや孫を甘やかす祖父母と同じ。

可愛いは最強だ。

ノナちゃん

睡眠

かわいいけれど、ベッドや布団には上げない。

私たちは2階、ノナちゃんは1階のリビングで寝ることにした。

バリケンやケージに入れていないので、夜中に何をしていたかは不明。

だが吠えたり、クンクン鳴くこともなく、静かに眠っていたように思う。

ワンちゃんがいるっていいなぁ…。

 

2日目、ちょっとした事件が起こる。長くなったので、次記事で。

→お散歩に履いていったエアマックスの記事はこちら

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。