11月のモーニングSeriはお掃除のプロ・清水雅美さんから掃除のコツを学びました

あっという間に11月。今年もあと1ヶ月半ですよ!

…ということは、間もなくやってきます、アレが。

そう、大掃除。

昔は、天井の埃を払い、障子を貼り替え、畳を干すなど、一家総出で家をきれいにしました。

それは正月を迎える、もっと言えば新年にあたり、神様をお迎えするのだから、失礼のない様に整えておくという意味合いもあったのでしょう。

近年は、サザエさん一家がやっているような大掃除を、あまり見かけません。

掃除はこまめにやっているから、年末だからといって、特別に頑張る必要はない派から、大晦日も元旦も、同じ1日に変わりはないし、リセットはしない派まで、理由は様々あると思います。

埃で人は死なないから、掃除はしない派もいるかもしれません。

でも多分、大多数は、あまり大掛かりにはしたくないけれど、そこそこきれいにして、心新たに新年を迎えたい派ではないでしょうか。

私を含むそんな多数派のために、11月のモーニングSeriは、なんともタイムリーに、掃除のお話でした。

モーニングSeriとは?

毎週第3日曜日、朝9時から11時まで、金沢市諸江のスタジオSeriで開催されている朝活です。

1ヶ月に1度、ちょっと違った朝を過ごしてみよう…というコンセプト。

様々な分野の講師が、ワークやディスカッションを交えた講義をします。

参加費500円で得られる、充実の2時間です。

12月のモーニングSeriは立花B塾生限定です。1月をお楽しみに。

11月の講師はオフィス清水の清水雅美さん

オフィス清水は中能登町に本拠地を置く、ハウスクリーニングの会社です。

店舗、事務所、一般住宅など、様々な現場でクリーニングをしてきた清水雅美さん。

お掃除マイスターや整理収納アドバイザーや生前整理アドバイザーなど、いくつもの資格をお持ちです。

その豊富な経験をもとに、お掃除のノウハウや洗剤の選び方など、すぐに使える役立つ知識を伝授してくれました。

オフィス清水の清水雅美さん

片づけと掃除は似て非なるもの

断捨離でも、片づけと掃除は別物として、きっちり分けて考えます。

片づけは散らかりに、掃除は汚れに対応します。

つまりターゲットが違うのです。

散らかりと汚れ、両方をクリアして初めて、住まいはきれいになります。

車の両輪よろしく、どちらも大切です。

ですが、取り組むには順番があり、最初が片づけで、その後が掃除になります。

ゴミやモノが溢れかえった部屋に掃除機をかけても、モノが邪魔で埃が吸い取れず、効率が悪いからです。

この日のテーマは掃除だったので、片づけについてはサラッと流しました。

お掃除の基本

掃除の基本は、毎日することです。

たっぷり汚れを溜め込んでからではなく、汚れが少ないうちに対処しておけば、少ない労力できれいにすることができます。

(分かっちゃいるけど、ついつい先延ばししちゃうんだよね…^^ゞ)

そして、掃除は常に上から下、奥から手前へ。

掃除機をかけてから、天井のクモの巣を落とすと二度手間になります。

床を拭いてから、冷蔵庫横の隙間からゴミを掻き出すのも同じですね。

汚れと洗剤の関係

汚れには、酸性の汚れとアルカリ性の汚れがあります。

汚れを落とすには、反対の性質の洗剤を使って、汚れを浮かせます。

つまり酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効果的なのです。

これは私が実践しているナチュラルクリーニングの基本でもあります。

酸性の汚れ

重曹はアルカリ性です。

お洗濯に粉せっけんと重曹を使うのは、身体から出た皮脂を浮かすためですね。

アルカリ性の汚れ

逆に石鹸カスはアルカリ性。

お風呂やトイレの掃除にクエン酸が効くのは、このためです。

ただお風呂には、アルカリ性の石鹸カスと酸性の皮脂が同居しているので、私はクエン酸と重曹の両方を使います。

道具を選ぶ

世の中には、たくさんのお掃除グッズがあります。

その中から、自分が使いやすく、用途にマッチした道具を選ぶことが大切です。

清水さんのお薦めはJブラシ。

サッシや隅っこの掃除で、いい仕事をするそうです。

Jブラシ

(これはプロ仕様で1本1000円ほど。100均でも購入できます)

予防清掃で汚れを最小限に抑える

何年も汚れを溜め込んだ場所は、自然の洗剤(重曹やクエン酸)では、なかなか落としきれません。

強い洗剤だということを知った上で、一度汚れをリセットします。

その後は、こまめな掃除と予防で、頑固な汚れが付かないようにしておけば、メンテも簡単です。

オフィス清水

Chikakoの感想

誰もが生きる上で大切なスキルなのに、片づけも掃除もきっちり学ぶ機会や場は、ほとんどありません。

これは家庭で身につけるスキルかもしれませんが、そもそも教える側の親たちも、ほぼ自己流です。

さらにアルカリ性と酸性など、化学にアレルギーがあれば、汚れと洗剤の関係性なんて、考えてもみません。

でもきちんと知ることで、できるかもしれない、やってみようという気持ちが起こります。

何ごとでも、正しい知識を得ることは、大切だなぁと改めて思った次第です。

私たちのニッチな質問の数々に、てきぱき解答する清水雅美さんの豊富な知識と経験に、脱帽です。

私は早速、アルコールを買ってきました。あのカビ、今度こそ、やっつけてやる!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。