コーギーのノナちゃんがやってきた。大変、お散歩中に首輪がすっぽ抜けた~~~!

家の中に犬がいるのは久しぶり。

一晩お預かりしたコーギーのノナちゃんに、家族全員がメロメロになった。

ノナちゃんがやってきた!コーギーの女の子が我が家に1泊ホームステイ

夜中の様子

ペットホテルでは、フリーの状態で過ごすことはほとんどない。

しかも人の目がない夜中、バリケンにもケージにも入っていないノナちゃんが、大人しく寝てくれるのか、多少心配ではあった。

飼い主さんからクッション型のベッドを借りてはいたが、それで落ち着いてくれるのかどうか…。

2階で耳を澄ませても、階下は静まり返っている。

抜き足差し足忍び足で、そ~~~~っと様子を見に行った。

ピンクのベッドの中で丸くなって眠っている姿に、一安心。

犬の聴覚は人の何倍も鋭いから、多分気付いていたとは思うけど。

朝6時、階下に降りたら、まだベッドの中。

私の気配に気づくと、おもむろに頭を上げ、のそのそ起きてきた。

野生はもう無くしたんだね(^^ゞ

朝の散歩

昨日とは打って変わって、朝から雨が降っていた。

預かったレインコートを着せてみる。

赤のチェックが似合うね。

ただ、レインコートを着せるとハーネス(胴輪)が使えない。

今日は、首輪で行こう。

ノナちゃん

ロッキーは雨を嫌がったけれど、ノナちゃんはあまり気にしないよう。

昨日と同じように、メタセコイア並木の散歩は足を踏ん張って拒否する。

仕方がないので、ノナちゃんの自宅のある方向に。

帰りたいのか、リードをぐいぐい引っ張って歩くノナちゃん。

そりゃ、お家に帰りたいよね。分かるけど…。

あと1ブロックで自宅という地点で、事件は起きた。

首輪がすっぽ抜けた!

自宅まで行ってしまうと、絶対、歩かなくなると思ったので、私は逆方向へ行こうとした。

反対方向へ行きたいノナちゃんが、ぐっと踏ん張るので、リードがピンと張る。

そしてあろうことか、頭を上手に左右に振って、首輪を抜いてしまったのだ!

私の手には、主のいなくなったリードと首輪。

ノナちゃんは、走り去るわけではなく、私の手がギリギリ届かない距離で、私を見ている。

頭が真っ白になった。

本気でかけっこしたら、敵うわけがない。

住宅街とはいえ、車だって通る。

逃げられてしまったら、呼び戻せるほどの信頼関係はまだない…。

おやつのジャーキーを持ってこなかったことが、悔やまれる。

どうしよう…。どうしたらいい…?

慌てたらダメだ、相手に伝わる。

落ち着いて、落ち着いて、頭の中で繰り返し、軽く深呼吸。

傘を畳んで、地面にしゃがみこみ、目線をあわせる。

にっこり笑って、「ノナちゃん、おいで~~~♡」ととびきり甘く呼びかけてみた。

名前を呼ばれると嬉しくなってしまうのか、千載一遇のチャンスだというのに、でへへ…と寄ってくる。

手が届く距離まで来た時に、えい!と捕まえようとした。

ところが、するりとかわされて、また離れていく。

自宅まで誘導してみる

やばい、本当にヤバい。

もう私は心臓が止まりそうだった。

ここで作戦変更。

ノナちゃんの自宅は、目と鼻の先だ。

ならば彼女が行きたがっている自宅へ、誘導しよう。

どうか車が来ませんように。

「帰るよ~~」と、小走りで自宅方向へ誘導する。

ノナちゃんは喜んで走り出した。

無事、自宅前についたが、下手に手を出すと、また逃げられてしまう。

アプローチの階段を上り、玄関ドアの前から、「ピンポン押すからおいで」と呼んで、実際にチャイムを鳴らす。

家に入れると勘違いしたノナちゃんは、玄関まであがってきた。

三方を囲まれた狭い空間で、狙いを定めて抱き留めた。

はああああああああ………。

ノナちゃん

駐車場から動かず

「もう、なんてことしてくれるの!寿命が縮んだよーーー。」

ノナちゃんを抱きしめて、安堵のため息。

でも玄関ドアが開かないので、ノナちゃんは不満そうだ。

首輪を締めなおして、「帰ってご飯にしよう」と誘ってみても、頑として動かない。

飼い主さんが帰ってくるまで、あと6~7時間あるし、ずっとここで待っているわけにもいかないしなぁ…。

20分ほど、駐車場で説得を試みるも、YESと言わないので、もう仕方ない、最後の手段だ。

抱っこで帰る!

体重13キロを両手で抱えるので、傘はさせない。

家まで5分ってところかな。

秋雨じゃ、濡れて帰ろうぞ…なんて。

でもお、重い…。

朝のご飯

腕をプルプルさせながら、ほうほうの体で帰りつき、濡れた身体を拭いてやった。

私をあんなにドキドキさせておきながら、ノナちゃんはケロッとしている。

朝のフードをペロリと平らげて、もっとないの?…とおねだり。

その無邪気な顔を見ながら、よそのワンちゃんを預かるというのは、こんなにも責任の重いことなんだ…と、私は肝に刻んだ。

ノナちゃん

飼い主さんのご帰宅

午後3時、飼い主さんがお迎えにきた。

まあ、ノナちゃんの嬉しそうなことといったら…。

ご夫婦にかわるがわるペロペロ攻撃を仕掛けている。

そうだよね、誰よりも飼い主さんが好きなんだから、離れているのは辛いよね。

ご主人が「なにか無調法なこをとしませんでしたか?」と仰った。

無調法なんて言葉、久しく聞いてないなぁ…。

そのまなざしや声のトーンで、普段から我が子のようにかわいがっていることが、よく分かった。

首輪すっぽ抜け騒ぎを報告

理由があって、ご主人には聞かせたくなかったが、奥さんには朝のトラブルを報告しなければと思った。

後から電話して、ことの顛末を伝えると、「そうなのよ~~、どんなにキツク締めても首輪を外しちゃうのよね」。

ちょっと、そういうことは、事前に教えておいてよーーーー。(^^ゞ

「びっくりしたよね、ごめんね。」と言われてしまって、「もうこちらこそ、大変なミスをいたしました」と平謝り。

次にお預かりすることがあるとしたら、絶対に首輪ではなくハーネスを使うと申し合わせた。

久々に犬のいる生活を堪能した

ノナちゃんが帰ってしまうと、途端に家の中ががらーーんとしたように感じた。

なにが懐かしかったといって、フローリングにあたる爪の音ほど、ロッキーを思い起こさせるものはなかった。

いつも私の足元にいたロッキー。

お豆腐のパックに小さな切れ目を入れただけで、どこにいてもすっ飛んできて、期待に満ちた目で私を見上げたロッキー。

そこにはいつも小さなカツカツという爪音があった。

今すぐにどうということではないけれど、いつかまた、家の中に爪音が響く生活ができたらいいな…と思う。

ロッキー

おまけ

実は私は夢ノートを書いていて、その中に「犬を飼う」という項目があった。

だがある日、思い直して、「犬と暮らす」に訂正した。

そうしたらその1ヶ月後くらいに、ノナちゃんのホームステイが実現。

効力あるよ、夢ノート!

夢ノート

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。