出先で唇がささくれだらけに!困った時、やっぱりニベアは強い味方

若い頃から、リップクリームというものを、あまり使ったことがない。

肌荒れはしても、唇はけっこう丈夫で、カサカサにならないから。

ところが先日、よりにもよって県外にいる時、唇にわずかな違和感を覚えた。

ささくれ…と言うのか、少し皮がめくれているようだ。

やがてその小さなほころびは、どんどん広がって、半日ほどで、唇全体がささくれだらけになった。

ちょっとしみる…。

これくらいのことで受診はしないが、気になって仕方がない。

昔の人は、荒れた唇にハチミツを塗ったそうだが、そんな物を塗ったら、美味しすぎて、すぐ舐め落としてしまう。

幸いホテルの横は、夜遅くまで開いているドラッグストア。

実に10年ぶりくらいにリップクリームを買うことにした。

お洒落用ではなく、薬用がいいし、即効性も欲しい。

壁一面に吊り下げられたリップクリームは、30種類はあるだろうか。

どれを選べばいいのか、分からない。

…そんな時、見慣れたマークが目に飛び込んでくる。

リップクリーム

スティックタイプではなく、指で塗るタイプのほうが、なんだか効きそう。

無香料とハニーの香りが選べる。

使ってみると、ねっとりと粘性があり、手触りはワセリンのようで、荒れた唇をしっかりカバー。

ほんのりハニーの香りに癒される。

ささくれがひどかったので、一晩で全快…というわけにはいかなかったが、翌朝、コーヒーがしみなくなった。

2日目には、口紅がぬれるくらいに。

それ以降、夜寝る時に、乾燥対策として使っているが、なかなかいい感じだ。

 

昔から、困った時はニベアだった。

小学生の頃、女子のポケットには、あの青い缶が常備されていた。

あれから間もなく半世紀?時代も社会も人も変化したけれど、変わらないものもある。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。