変わる世界で変わらないもの

多くのことが目まぐるしく変わっていく世の中で。

・・・変わらないものもある。

赤児は成長して、大人になり、やがて老いる。

植物は発芽し、枝葉を伸ばして、花を咲かせ、やがて枯れる。

雪が溶ければ、桜が咲き、若葉が繁って、セミが鳴き、山が赤や黄色に色づいて、また雪の季節が来る。

流行はめぐり来て、昨年のトレンドが、今年は古くさい。

人は出会って、親しくなり、様々な経験を共有し、やがて別れゆく。

ひとつ処に留まってずっと同じ・・・なんて、あるのだろうか。

 

変わっていくことは、自然なこと。

人体の細胞だって、ほぼ1年で全部入れ替わる。

体の組成が変わるのだから、思考や感情や信条だって変わっていい。

「あの時、ああ言ったじゃない!」とか「以前と言うこと違うよね」とか指摘されても、時間とともに変化したのだから、仕方がない。

そしてこの変化、私は進化だと思っている。

あの時、ああ言ったのは、確かにあの時の真実。

あの時、ああいう行動をしたのは、確かにあの時の最善。

あの時、ああ思ったのは、確かにあの時の本心。

でも時とともに、進化した・・・。ただそれだけ。

嘘でも、偽りでも、裏切りでもない。

人がうつろって変わることは、自然な理。

全然、悪いことじゃない。

 

そうやって絶えず変化する世界で、変わらないものもある。

たとえ外側の形が変わっても、コアのところ、一番深いところは変わっていない。

すでに知ってはいるけれど、”それ”を再確認するたびに、嬉しくなる。

人っていいな・・・。人生っていいな・・・って。

 

”それ”を言葉にするのは難しい。

あえて表現するならば、リスペクトだろうか。

その人の存在に対するリスペクト。

何をしていてもいい。

成功していようが、鳴かず飛ばずだろうが、関係ない。

同じ時代にそこにそうして居てくれることへのリスペクト。

 

どこまでも高い空を眺めながら、そんなしあわせな想いに浸った秋の休日。

秋の休日

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。