理想の庭ってなんだろう・庭は住む人の小さな楽園(庭造り座学編)

家のインテリアを考える時、なにを重視する?

家具、カーテン、敷物、配置、ライティング・・・。

考慮することがいっぱいありすぎて、普通はどうしていいかわからな~~~い😭となる。

好きなテイストの傾向に沿って、実際にいろいろ置いてみても、なにかチグハグになったり。

そう、インテリアはトータルで考えなければいけない。

好きな椅子、好きなテーブル、好きなランプ・・・、それぞれ好きな物かもしれないけれど、ただの寄せ集めではバランスが悪い。

そして、それは庭も同じ。

好きな花苗、好きな球根、好きな樹木をただ植えても、俯瞰してみたらなんだかゴチャゴチャして美しくない。

おまけにインテリアと違って、植物は育つ。

ひょろひょろの若木も、やがてはどっしりした樹木になり、さらにアンバランスさが増す。

そう、お庭もトータルで考えなければならない。

成長した植物の姿を見越してのプランニング。

でも、それ、素人にはハードルが高い。

だって私たちは、あ、あのお花かわい~~というだけで花苗を購入し、適当な場所に植えちゃうから。

必要なのは、どんな庭にしたいのか・・・と、最初から考える計画性。

理想のお庭を作りたいというパッション。

そして客観的なプロの目。

植物で夢を描くセルフプランニング教室

この人は、どうしていつも私の心をくすぐる企画を、いいタイミングで出してくるのかなぁ・・・と不思議になる。

最初の出会いは、2013年秋。

印象美と断捨離

おとな美女の知的な話し方教室・・・という、興味をひかれずにはいられない講座を主催していたのは、印象美プロデューサーの小西敦子さん。

この時はまだ知らない同士だったが、隣り合う部屋でそれぞれ講義をしていた。

その後、ご縁があって出会い、彼女の研ぎ澄まされた感性に圧倒され、コミュニケーションやファッションなど、様々な学びの機会に浴す。

そして今回。

なんとなくやってきたガーデニングだけれど、一度、きちんとプロに見てもらいませんか?・・・というお誘いが。

バラの写真をシェアしたがりの私は、ガーデニングの達人・・・みたいに、ちまたで誤解されている。

だけど本当は、手当たり次第に植えた植物たちが、自由奔放に育ってしまって、なんかちょっと違うんだけど、もはや手の打ちようがないとギブアップしている状態だった。

カメラのファインダーで切り取った、小さな美しさだけでもういいか・・・と。

すでに諦めていたので、しばし参加を迷った。

いまさらガーデンプランニングなんて。

だけど土いじりが好きで、バラが咲いた瞬間がしあわせで、植物との対話に癒やされる私の心に、ジワジワ侵食してくる講座案内。😅

庭は面積の大小にかかわらず、住む人の小さな楽園です・・・なんて言われたら、ねえ。

こんな講座です

気になるってことは、無視しちゃいけないってことだ。

・・・で、10月半ばの小雨降る日曜日、生まれて初めてのガーデニング講座に参加した。

ガマダン

理想の庭を求めて

初めての開講とあり、受講生は小西さんを含めて4名、

「私が学びたいことを企画しただけ」と小西さんはコロコロ笑う。

講座開催のインスピレーションが、東山魁夷からきているとか・・・、やっぱりいろいろ超越している。

東山魁夷

教えてくださるのは荒岡明子さん。

京都の古庭園からイングリッシュガーデンまで、幅広い分野で20年以上の実績を持ち、住まいと暮らし全体の物語を大切に、五感に響く景色やサステナブルな循環を作りづけている方。

・・・と書くとなんだか難しそうだが、要は世界中のお庭のことを知り尽くした庭造りのプロ。

造園というと男の仕事というイメージもあるが、私たちが求めているのは、理想を実現する確かな目と女性ならではの細やかさ。

荒岡先生と小西敦子さn
(荒岡明子先生と小西敦子さん、ガマダンのプライベートスペースにて)

講座はこの日の3時間の座学と、参加者の庭を実際に見てのアドバイスと、シェア会から成る三部構成。
座学でまず学んだのは、庭の歴史!
なんと万葉集にまで遡って、日本の庭はどのように庭としての形をなしてきたのか、そしてベルサイユ宮殿をはじめとする西洋の庭にはどんな特徴があるのか、説明を受けた。
ベルサイユ宮殿とか、うちの小っちゃな庭になんの関係が・・・と思うでしょ?
でもこの講義、面白かった。
全然知らないことがいっぱいあって、世界は広いな、人類の歴史は果てしないなと改めて思った。
歴史のお勉強の後は、実際に図面を描いてみる。
ガーデンプランニング
みんなそれぞれ条件が違う。
まずは自分の庭を俯瞰して、よく見て知ること。
そして次に、アプリを使って自分の理想の庭を探っていく。
漠然としていたイメージを、画像を選ぶことによって、よりはっきりさせるのだ。
私が好きだと思ったのは、白っぽい石の小道とそれを縁取るグリーンのグラデーション。
自分でも意外だが、バラだらけの庭よりも、しっとりした緑に惹かれているようだ。
そして今回、取り組みたい場所のテーマを決める。
これが一番難しかった。
ろくに考えたこともなかった庭の在り方のテーマって。
う~~~ん、う~~~んと頭を抱えて絞り出したのは・・・。
コンサバトリー(サンルーム)から見える長方形の庭は、『涼やかな風を感じる緑のグラデーション』。
玄関アプローチ脇の区画は、『光と生命のコラボレーション』。
どっちもバラじゃないんかーーい!😅
自分でも半ば意味不明だが、そんな言葉が浮かんだので。
後で気がついたが、これは陰と陽。
長方形の庭は、日当たりがあまりよくないので、しっとりした空間。
アプローチ横は、ガンガン陽が当たる元気で生命力が満ちあふれた空間。
なるほど、うまくできている。
ちなみに私が憧れる玄関は、こんな感じ。まさにバラだらけ~~💕
ガーデンプランニング
さて、本日は、荒岡明子先生が我が家の庭を実際に見に来てくださる。
どんな植生がどのくらい生えるのか知りたいから、雑草もそのままでいいと言われたので、本当にそのまま。
使い古しのレンガも放置したまま。
枯れた朝顔の蔓もそのまま。(それくらいは片づけたら・・・)
どんなアドバイスをいただけるのか、楽しみだ。
黒イチジク
(講座のおやつは、敦子さんがわざわざ能登まで買いにいってくださった黒イチジク。)

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。