やるときゃやる! 終活へかける母の本気度が分かった

びっくりした!

母の家の片づけに行ったら、3人掛けのソファが無くなっていた。

ほんの3日ほど前、我が家に遊びに来た母に、ソファの処分を提案してみた。

部屋の広さに対して家具のサイズが大きすぎて、足腰の弱ってきた高齢者には危険だからと。

3人掛けと2人掛けソファに、長い辺が2メートル近くあるローテーブル。

大きな家具が幅をきかせ、人が歩くスペースが狭い。

以前はよくお客さんが来ていたが、今は訪ねて来る人も滅多にいない。

そんな来るか来ないか分からないお客さんのために、日々の生活スペースを犠牲にするのは、やっぱりおかしくない?

すでに35年も使い続けて、クッションもへたっている。

そのへたったソファの片隅が母の定位置。

脚を置くスペースも狭く、いつも小さくなって座っている。

せめて片方だけでも処分すれば、もっと広々するし、歩きやすくなるはず。

 

その話をした時、母は我が家の一人掛けのリラックスチェアに座っていた。

チェアの硬さや高さがちょうどよかったらしく、いたく気に入ったようだった。

へたったソファよりも立ち上がり易いし、座り心地もよい。

それで試しに言ってみたのだ。

「あの大きなソファを処分したら、代わりにこの椅子、持っていっていいよ。」

「え?本当?」

母は心動かされたように見えたが、でも処分は無理だろうな・・・と内心思った。

だってカンディハウスのソファだもん。

 

それが、ものの3日で、はややかにソファは旅立っていった。

便利屋さんに電話をしたら、すぐ取りに来てくれたのだとか。

大きなソファなので四苦八苦したが、男性作業員2名でリビングの窓から運び出し、トラックに積んでいった。

 

いやはやなんとも・・・、お見それしました。

高齢者パワーを侮ってはいけなかった。お母さん、すごい!

感動のあまり、いいこいいこしてしまった。😅

 

母は本気なんだな。

本気で終活に取り組んでいるんだな。

自分1人ではできないけれど、私が積極的に関与することで、諸々手放して身軽になる覚悟があるんだな。

何の因果か、私は片づけのプロ。

今、役に立たずして、いつ役に立つ?!

心を込めてサポートするからね。

 

今日はキッチンの断捨離に勤しんだ。

私の得意分野なので、腕が鳴る。

食品や保存容器をたくさん抜き出した。

一昔前、豆類や粉類や昆布やパスタなどを、透明なガラス容器に入れて保存するのが流行っていた。

そんな容器が棚から溢れんばかりにいっぱい。

ずっとそこにあるのは知っていた。

10年以上経っているかもしれない。

中身は・・・、もはやなんなのか分からないブツも。

そんな古い諸々を、今更口に入れるわけにはいかない。

中身を空けて、容器を洗って、乾かして。

ガラス容器は捨てがたいようだったけれど、必要な数に絞っておこうね。

ついでに果実酒の瓶も処分する。

賞味期限の切れた食品も、この際、全捨て。

1999年が期限の白玉粉もあった。😅

 

作業は1日1時間以内と決めているが、今日はノってしまって2時間近くかかった。

母はよく頑張ったと思う。

成果は段ボール4箱と45リットルの袋1個分の不要物。

ゴミは我が家に持ち帰り、私が改めてじっくり分別し、しかるべき方法で処分する。

 

でもなんだかね、私は母とのこの共同作業が楽しくなってきている。

残り少ない親子の時間。

貴重な大切な時間なんだなぁ・・・としみじみ思う。

こんな機会を与えてくれた断捨離にも感謝。

昆布
(昆布だけもらってきた。)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。