実家から出てきた物たち さよならの前に

最近の私はよく働くな~~。

母の家と職場と自宅、三つ巴の断捨離で、エンジンがほどよく温まっているようだ。

よし!というかけ声ひとつで、やる気スイッチが入る。

処分するたくさんの物たちは、どれも一度は持ち主の生活に彩りを与え、豊かにしてくれた。

でも時が経ち、すでにその役目は終わった。

だから、潔くさようなら。

感謝とともに、さようなら。

 

自宅のカーポートに、母の家から持ってきた不要物を広げて分別した。

ゴミの分別

まあ、なんと空き瓶の多いこと。

面白い物、懐かしい物がいくつも出てきたよ。

断捨離

お菓子作りの道具。

40歳で夫を亡くし、子ども2人を育て上げるのに必死で、お菓子を作っている余裕なんてなかったはずなのに。

本当は手作りのおやつを食べさせたかった・・・、そんな若き日の母の切なる願いが透けて見える。

クッキー型

クリスマスのクッキー型。

これは覚えている。

アメリカで買ってきた品。

クッキーを焼いて、フロスティングでデコレーションしたのは、いつだったか・・・。

断捨離

おおお!これは!

断捨離

50年くらい前のワッフルメーカー。

今でこそ、雑貨屋さんで簡単に手に入るが、当時は大変珍しかった。

泡立て器でホイップしたクリームを入れて、ワッフル生地を作っていたっけ。

めっちゃ懐かしい。

 

さて、コレは何でしょう。

押し寿司メーカー

答えは、押し寿司の型。

押し寿司には、ちょっと嫌な思い出があるので、さっさと捨てたい。

断捨離

え~~~、一般家庭になんでノミやヤットコが?!

ヤスリも10種類以上ある。

ご先祖さまって、大工さんだったの?

断捨離

これは断捨離というより、もはやただのゴミ捨て。😅

飲むと元気が出ると言っていたけれど、いったい何本飲んだんだ、リポビタンD。

断捨離

これが何か分からない世代もいるんだろうな。

デジタルなんて、ほんのここ20年くらいの話なのよ。

断捨離

さらにこれも・・・。

ちまちま集めて、景品をもらう。細やかな庶民の楽しみであった。

断捨離

びっしり書き込まれた家計簿の山が出てきた時、お母さん、頑張ってたんだね・・・と思わず声をかけてしまった。

断捨離

ちょっとやめてよ、こういうの。

処分の仕方が分からなかったそうだが、弟のライター、30年分くらいあるのだろうか。

これはリサイクルセンターに持ち込んだよ。

西部環境エネルギーセンター

西部環境エネルギーセンター。

東部管理センターは土日だけだが、ここは年末年始以外は、年中無休で持ち込める。

西部環境エネルギーセンター

リサイクルできる物は、なんでも可。

パソコンや刃物や布類もOK。

本来は処分が有料のカーペットや毛布も出てたけど、いいのかな?

西部環境エネルギーセンター

大量のライターはこちらに。

 

今日は3回目の焼却ゴミの持ち込み。

フルフラットにした青空号の後部座席は、段ボールとゴミ袋で満杯。

では、いってまいりま~~す!

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。