岐阜県養老町・船戸クリニックの【冬の養生講座 薬膳ランチ付】

私は乗り物が好き。

飛行機も電車も車も。

車の運転も好きだが、それはせいぜい1時間半圏内で、長距離ドライブはちょっと自信がない。

でも片道3時間半の遠出をしちゃったの!

無理はせずゆっくり行こうと決めていたので、進路上のサービスエリアは全部寄った。

だいたい50分に1回、休憩していたことになるだろうか。

3時間30分かけて着いた先で出迎えてくれたのは…。

船戸クリニック

キジトラのエルちゃん。

めっちゃ人懐っこい。

名前を呼ぶと、返事をしてくれることもあるそうだ。

空色号

青空号もお疲れさま。

本当に君は頼りになるよき相棒だよ。

ここは岐阜県養老町の船戸クリニック統合医療センター。

本日のお目当ては、船戸博子先生の『冬の養生講座、薬膳ランチ付』。

船戸クリニック

ねえ、知ってた?

冬はダイエットなんかしちゃいけないって。

コロコロになっておけばいいんです…と、博子先生はコロコロ笑う。

冬は静かに内を見つめる季節。

活動を減らし”気”を蓄えるために、ひそやかにゆっくり暮らすといいのだとか。

しっかりためた”気”が、春の訪れとともにふわっと花開く。

冬は腎が働く季節でもある。

腎がよく働けるように、腰を冷やさず、ぐっすり眠り、ダイエットはしないこと。

積極的に食べたらいいのは、黒い食べ物(黒ごま、黒きくらげ、黒豆、昆布、シジミなど)。

そして体を温める食べ物(羊肉、かぼちゃ、くるみなど)。

さらに体を温める飲み物(シナモン茶、杜仲茶など)。

身体は”気”の乗り物。

この”気”とは、すなわちエネルギー。

気が足りないと、皮膚がたるみ、内臓が下垂し、眠気がきて、手足が冷えるんだって。怖いね。

食事と食養と食療と薬膳の違いなんかも、教えてもらった。

食事は、健康な人がお腹空いたーーー!と食べるもの。

食養は、健康な人が目的を持って食べるもの。

たとえば、色白になりたいからハト麦…みたいな。

食療は、ちょっと病気の人が、目的を持って食べるもの。

イボを取りたいからハト麦を摂る…みたいな。

そして薬膳は、健康な人と病気の人どちらもが、その人の性質にあった食材を、その人にあった調理法で食べるもの。

ガンになったからと、一律に人参ジュースを飲むのは、薬膳とは言えない。

人参があう人もいれば、あわない人もいるのだから。

朝鮮人参やクコの実がはいっていれば薬膳…というのも、厳密には違う。

薬膳は、あくまでも”貴方のためのご飯”でとてもパーソナルなもの。

漢方医と患者が1対1のガチンコで創り出していくものなのだ。

そんな真面目なお話の途中にワンコが乱入してきた。

船戸クリニック

この自由さがたまらないね。

そしてお待ちかねの薬膳ランチ。

薬膳はパーソナルという話を聞いた直後だが、複数人が集まるイベントなので、まあ、そう硬いこと言わないで…。(^^ゞ

船戸クリニック

フナクリ食堂にずらっと並んだ薬膳料理。

船戸クリニック

青々したレタスは裏の畑から。

船戸クリニック

蒸したレンコンをニンニクと醤油で。

卵は玄関前で飼われているニワトリさんたちから。

船戸クリニック

腐竹は、中国の湯葉。不思議な食感。

船戸クリニック

鶏のレバーと銀杏。

船戸クリニック

豆腐の仲間(正式名称を聞きそびれた)と黒きくらげと金針菜(ゆりの花)の炒め物。

金針菜は貧血の特効薬。

船戸クリニック

黒いクコの実(クコの原種)の戻し汁で炊いたアサリ。

船戸クリニック

梅干菜メイガンツァイ。塩豚と梅肉と松の実。

塩豚は、蒸したり、焼いたり、寝かせたりと、何段階ものプロセスを経ていて、ひじょうに手間がかかっている。

船戸クリニック

朝鮮人参で煮込んだゴボウ。

船戸クリニック

デザート2種。

腎の働きを助ける食材が、いっぱい使われている。

老化を予防してくれる腎、大切にしないとね。

どのお料理も手が込んでいて、とても美味しかった。

参加者同士のおしゃべりが弾んだのも、目から口から体の中から存分に満足したからかもしれない。

美味しいものを、美味しいねと言いながら、楽しんで食べる…これがなによりの食養生だと私は思う。

船戸クリニック

仕事を終えてリラックスタイムの一コマ。

遊んで~~とすり寄ってくるワンコに、この甘えんぼめ!…と満更でもなさそうな博子先生。

船戸クリニックHP

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。