本や表現を越え人生の喜びや痛みをシェアする【印象美な大人の表現力教室】

なんとも不思議な空間だと思う。

レストランの2階、なんの変哲もない四角い部屋。

昼間は陽光に溢れ、夜は間接照明でほの暗い、二つの顔を持つ。

1ヶ月に1度だけ出現する、なんだか現実世界と切り離されたような場。

なにをしているのかと問われれば、読書会と答えるしかない。

でも本をシェアする以上のプラスアルファがそこにはある。

この読書会、正式名称は【印象美な大人の表現力教室】という。

主催者は、小西敦子さん。

”印象美”は小西さんのトレードマーク。

確か今年で4年目じゃなかったかな。

最初は好きな本を持ち寄って、心惹かれる表現をシェアする会だった・・・はず。

だが回を重ねるうちに段々と進化して、気持ちや想いや人生までもシェアする場となった。

メンバーは毎年入れ替わるが、常連もいる。

卒業する人もいれば、一度離れてまた戻って来る人もいる。

選ぶ本はジャンルを問わない。

プレゼン方法もどうぞお好きに・・・と、一切が自由。

 

前半は近況のシェア。

最近の出来事、想ったこと、疑問だったこと、感動したこと、チャレンジしていることなどを、ひとりずつ話す。

おそらくこの場に集うということ自体、潜在意識でつながっている証なのだろう。

ひとりに起こった出来事がみんなに響いて、どんどん広がっていく。

私は最近、母と一緒に実家を片づけていることを話した。

すると、同じような必要性を感じている人が次々に、自分の場合を語りだす。

やがてテーマは片づけのことから、母と娘というこの上なく近しく、またややこしい関係性に移行。

自分を産み育ててくれた人。

幼い頃は、世界の全てだった人。

だが娘は成長するに従って、その聖母も1人の弱い不完全な人間であることに気づく。

聖母 VS ただの人

この葛藤、誰もが経験することだろう。

思春期、反抗期を通り抜け、娘が大人になると・・・。

本来ならば、大人と大人、1人の人と人という関係に成熟していくものなのだろうけれど、こと母娘には期待や依存や拗ねなどがまとわりついて、なかなかすんなりとはいかない。

そこで生まれてきたのが、古くは母原病やアダルトチルドレン、最近では毒親という言葉なのだろう。

多かれ少なかれ、ほとんどの人が経験することのようだ。

でも親が高齢になると、その関係性にも変化が現れる。

つまり立場が逆転して、娘側がまるで子どもに接するように優しくなってくる・・・なんてお話に花が咲いた。

面白いよね。

友達同士でも、なかなかそんな話題にはならないのに。

顔と名前くらいしか知らない、1ヶ月に2時間限定という間柄だからこそ、一気にそんな話題に踏み込めるのかもしれない。

大人の表現力教室

そして後半は、それぞれが持ち寄った本のプレゼン。

あらすじを語る人もいれば、本の表紙だけを見せて自分の想いを語る人もいれば、感動した部分を朗読する人もいる。

自分の好みだけで選択すれば、絶対手に取らないような本に出逢えるのも、この会の醍醐味だ。

最近では、メンバー間で本の貸し借りが自然発生していて、それもまたいい。

私は「言の葉の庭」を貸してもらった。

著者は新海誠。

映画【君の名は】の監督さんだ。

言の葉の庭はすでにアニメで観ているが、「原作を読むとさらに深まるよ」と貸主。

確かにそうに違いない!

大人の表現力教室

毎回、レストランNさんのスイーツが食べられるのも、楽しみのひとつ。

これは○○栗のモンブラン。

○○の所には産地が入るのだと思うが、全員が聞き逃し、そして全員が誰かが聞いているからいいだろうと思っていたので、結局分からないという落ち。😅

甘みを抑えたクリームと焼きそば部分(この表現!)とトップの大きな栗が、えもいわれぬハーモニーを醸し出していて、全身を味覚にしてうっとり味わってしまう。

大人の表現力教室に相応しい、大人のデザートだった。

大人の表現力教室

部屋には毎回、花が飾られている。

これは主催者の心づくし。

マンゴーリーバーという名の山吹色のバラ、私たちの話をずっと聞いていて、なにを思ったかな。

淑女たちの夜はたんたんと更けていく。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。