白山比咩神社横の甘味処・善与門さんで、いい年した娘が老齢の母におねだりした話

小さな子どもであれば、買って、買って、買って~~~~~!と泣きわめくこともあるだろう。

スーパーの床にひっくり返って、大泣きしている子はいる。(私には前科があるらしい)

だけど、いい年した大人になれば、そんなことはしない、…というか、できないよね。

そしてさらにいい年になり親が老年になれば、立場が逆転して、子がいろいろ買ってあげるようになり、買って~~~なんて、なおさら言わない。

でも、それって、親にとって、ちょっと寂しいことなのかもしれない…。

いくつになっても子どもに何かしてあげたい、子どもの喜ぶ顔が見たい…というのは、親の共通の想い。

でも年をとって体力も気力も経済力も衰えてくるにつれ、してあげられることが減る。

思い出してみると、何かをしてあげたり、買ってあげたりして、我が子が幸せそうに笑うと、それで自分も嬉しかった。

子どもが成人した今でもそうだ。

ならば、老齢の親たちもきっと同じなのでは?

母

母の定期検査に付き添った。

その帰り道、白山比咩神社に行きたいと言うので、ちょっと寒かったけれど、足を延ばすことにした。

なんでもお正月に長男夫婦と初詣に行こうとしたが、駐車場の何キロも手前から渋滞していて、諦めてUターンしたのだとか。

杖をつきながらゆっくりゆっくり歩く母。

一番近い駐車場、しかも鳥居のすぐそばに駐車できなければ、参拝は難しい。

初詣というには、あまりにも遅いが、まあ、いいか。

神様も事情をわかってくださるだろう。

1月も第4週目の平日夕方となると、駐車場はがら空きだ。

母のコートの上から、私のストールをぐるぐる巻きにして、手を引いて、ゆっくり歩く。

一歩、一歩、確かめるように、歩く。

幼い頃は、ヨチヨチ歩く私の手を、母が引いてくれたのに、今は立場が逆転している。

親子

 

お参りが終わったら、体が冷えたので一服したいとの御所望だ。

では、あそこしかないな。

白山比咩神社の北参道駐車場(上の駐車場)内にある、かわいい茶店、甘味処・善与門。

いつもの善与門さんで、いつもの草餅ぜんざい。

あ~~~あったまる。

実は私はぜんざいやお汁粉は苦手なのだが、善与門さんのぜんざいだけは例外。

ふっくら炊けた小豆のほどよい甘さと草餅の香ばしさに、頬が緩む。

善与門のぜんざい

ここはママも素敵だ。

いつも白いシャツと黒のボトムスに黒いエプロン。

きりりとしたショートカットに、さわやかな笑顔。

10年前から知っているけれど、全く変わらない。

まさにハンサムウーマンだ。

(画像はないので、ご自身で会いに行ってね♡)

善与門

…で、このお店、大きなテーブルふたつとカウンターだけなのだけど、壁際にお土産物を置いている。

ガラス製品や陶器や置物など…。

カエル関係のアイテムが多いのは、オーナーの趣味かしら。

その中に、私の目を引くモノがあった。

これ!

ポット

ティーポットなのか、急須なのか。

緑茶でも紅茶でも、どっちでもいけそう。

可愛いなぁ…と思ったけれど、私は安易にモノを買わない。

断捨離する時の辛さを散々味わってきたので、取り入れる時点で、じっくりたっぷり考える派だ。

でも私がポットを手に取って眺めていると、母が横からのぞき込んで、「あら、いいじゃない。買ってあげるわよ」ときた。

え?いや、欲しければ自分で買うし…と言いかけて、思いとどまった。

お母さんに、買ってもらおう!

 

母が自分の財布からお金を出して、買ってくれた。

買ってもらう…って、なんだか嬉しい。

そして買ってあげた方も、なんだか嬉しそうにしている。

昔は、愛情をモノで表すなんて!…と反発していた。

だけど、ひとつの形なんだ。

不器用な母が、不器用に愛情を表現するひとつの形。

ならば、いっぱい喜んで、受け取ろう。

帰宅してから、夫に「お母さんに買ってもらった!」を連発。

久しぶりに子どもに戻ったみたいで、ウキウキしたよ。

親子

甘味処・善与門 店舗情報

和田屋となり、歩いて2分
営業時間: 11時~17時(夏期は17時30分)
定休日: 毎週火曜日
白山市三の宮(白山さん境内)

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。