トンネルの果てには何があるのか

緑のトンネルの先には、なにがあるのかな~~~。

いや、ここはいつもの散歩道、並木が終われば県道の坂道。

これまで何千回と通ってきた道だから、この先になにがあるのかなんて、百も承知でございます!

だけど、なんだか今日は、違う風に見えたんだよね・・・。

遠くに見えるトンネルの出口が、終着点のような、ゴールのような。

ゴールに着いたら、どんな風景が待っているのか。

その時、私は何を思うのか・・・なんてね。

緑のトンネル

 

今歩いてる道が、どこに向かっているのか。

人生のゴールをどこに置いているのか。

なにをするために生まれてきたのか。

そんな比喩的な文脈で、緑のトンネルを眺めていたのかもしれない。

 

もちろん歩いてきた道は、こんなに真っ直ぐじゃなかった。

先が見えない、真っ暗なトンネル状態だったことも、一度や二度じゃない。

歩くのがイヤになったことだってある。

 

辛いこと、苦しいこと、思い通りにならないこと、傷つくこと、胃が痛くなること、そんなものでいっぱいの人生に意味などあるのかと、何度も思った。

 

 

意味?

はっきり言語化するのは難しい。

でも、そうね、あえて言葉にするなら、その意味・・・って、【経験すること】じゃないのかな。

 

辛いことも、苦しいことも、思い通りにならないことも、傷つくことも、胃が痛くなることも、生身の人間として実際に経験しなければ、分からないから。

無垢な魂は、経験することを求めているんじゃないのかな。

 

人は生まれる前に、この人生で何を体験し、何を学び、何を乗り越え、どんな人と交わり、どんな風に生きるかを決めてくるという。

つまり苦痛の多い人生を歩く人は、それを経験したいと、自分で決めてきたのだろう。

経験することによって、知りたい。ただ知りたい・・・。

そう魂が欲していたから。

 

どんなことでも知らないよりは、知っていたほうがいい。

見識が広がるし、思考のベースが深くなる。

度重なる経験から、どんな洞察を導き出すのか。

それがトンネルの出口に待っている真理なんだろうなぁ・・・。

キノコ

朝散歩がいきなり哲学の時間になってしまった。😅

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。