マスカレードホテル

原作を読んでいるので、犯人をすでに知っている。

ミステリー要素の強い映画は、結末を知っていても観たいのか、そこに謎解き以上の魅力があるのかが、ポイントになる。

魅力は…、豪華な俳優陣、そしてロケをしたホテル。

主演は木村拓哉と長澤まさみ。

キムタクは何を演じてもキムタク…と批判されることもあるけれど、エンターテイメントに何を求めるかは人それぞれで、私はちょっと斜に構え、ギラギラの正義感を前面に押し出していない役どころは、キムタクにぴったりだと思うし、けっこう好きだ。

一流ホテルにだらしない長髪と着崩したスーツ、ストローでコーヒーをチューチューしながら入ってくるキムタク、その後ホテルマンに化けるため、身だしなみをびしっと整えられちゃうんだが、そのどちらも”らしい”んだから、これ、いい演技なんじゃないのかな。

マスカレードホテル・木村拓哉

長澤まさみは、海街diaryの頃から、注目している。健康的なイメージで、さわやかな清潔感がある。見ていて嫌な気持ちを起こさせない女優さんだと思う。

キャンキャンした役も上手いが、今回は、落ち着いたホテルウーマン。自分の仕事にプライドを持ち、規律正しく、誠実に、職務に励む。キリッとした表情や、きびきびとした動作が、小気味いいくらいキマッテいる。

マスカレードホテル・長澤まさみ

主役の二人の脇をがっちり固めるのが、渡部篤郎、松たか子、菜々緒、笹野高文、小日向文世、生瀬勝久、前田敦子など。

見応えあるラインアップだ。

マスカレードホテル

映画の舞台は、一流ホテル。

重厚な石造りの外観は多分CGだと思うが、内部のロケは、日本橋のロイヤルパークホテルが使われたと、巷では噂されている。

原作者の東野圭吾氏は、このホテルの大ファンで、ここで作品を書かれることもあるようだ。

4年くらい前まで、私が上京時によく泊まっていたのが、このホテル。

まだ新幹線が開通する前で、東京に行くには飛行機を使っていた。羽田からホテルの真横のバスセンターまで、リムジンバスで行けて、とても便利だった。

それに当時好きだった、新参者のロケ地でもある人形町に近いことも、嬉しくて。

水天宮で仔犬の頭も撫でてきたし、人形焼きも買ったよ(^^)v

そんな想い出もあるホテルがモデルとあらば、ぜひ観なければと思った。

マスカレードホテル

私は、犯人を知っていても、十分に楽しめた。

雰囲気のある音楽も、なかなかよかったし。

エンドロールに明石家さんま(友情出演)と出て、場内がざわついた。

さんまさんみたいな目立つ人が、いったいどこに出演していたのか、誰も分からなかったようだ。

さんまさんを探しながら鑑賞するのも、いいかもしれない。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。