犬派にはたまらない、僕のワンダフル・ジャーニー

「僕のワンダフル・ジャーニー」は、2017年公開の「僕のワンダフル・ライフ」の続編。

少年イーサンは、熱中症になりかかっていたラブラドールの仔犬を助ける。

それがベイリー。

パパの反対を押し切って、ベイリーはイーサン家の一員となる。

イーサンとベイリーの毎日は、楽しくて、楽しくて、楽しくて。

僕のワンダフル・ライフ

だが犬は人間の何倍ものスピードで年をとる。

老犬になったベイリーに、やがて最期の時がやってくる。

イーサンや家族に見守られ、天国へ行く…かと思いきや、ベイリーは生まれ変わって、違う犬として新たな犬生をスタートする。

イーサンとは全くかかわりのない場所で、違う飼い主とともに、警察犬だったり家庭犬だったりの生活を送るが、ベイリーはさらに生まれ変わってイーサンの元に戻ってくる。

再会したイーサンは60代。独りで農場に住んでいた。

寂しそうなかつての主人を見て、ベイリーは一肌脱ぐことにした。

10代の頃のガールフレンド、ハンナを探し出し、農場に連れてくるのだ。

ハンナも同じように年をとり、今は独身。

あの時、伝えられなかった気持ちを、今度こそ…!

ここまでが第一作。

続編の本作は、結婚したイーサンとハンナが暮らす農場の場面から始まる。

僕のワンダフル・ジャーニー

かわいい赤ちゃんがいるけれど、これは一体誰なのか?

ハンナの息子は若くして事故死。その妻グロリアと赤ちゃんのCJが残された。

イーサンとハンナは、子育てを手伝おうとするが、それを過度な干渉と嫌がるグロリアは、CJを連れて出て行ってしまう。

悲嘆にくれるハンナ。

やがてベイリーは、また年をとり、何度目かの死を迎える。

涙ながらにイーサンは、ベイリーに頼みごとをする。

今度生まれ変わってきたら、どうかCJを助けてやってくれと。

転生を繰り返しても、ベイリーはその大切な使命を忘れない。

CJのそばで彼女を守り、慰め、導く。

本当に好きなのは誰?一番大切なのは誰?愛してくれているのは誰?

本能に忠実なベイリーには分かっていることが、CJには分からない。

もどかしい想いをベイリーは言葉に託す。

”ワン!”

僕のワンダフル・ジャーニー

犬の寿命は人より短い。犬が人より先に死ぬのは、仕方がない。

だけどその別れは辛い。

人によっては、一緒に死にたいと思うほど。

でももし、姿かたちは変わっても、愛するワンコが再び戻ってくることを知っていたなら、そこに希望の光が灯る。

悲しいけれど、きっとまた会えるよ‥と。

犬の輪廻転生にフォーカスするなんて、これは犬たちの可愛らしさもさることながら、着想の勝利だと思う。

最後にイーサンも旅立つが、金色に輝く麦畑を愛犬と走るイメージは、愛と喜びに満ちて、限りなく美しい。

いつか私も、愛してやまないロッキーと、麦畑を走ろう。

いや、ロッキーの場合は、雪原かな。

僕のワンダフル・ジャーニー

巨大なアフリカン・ボーアボールから、小さなヨークシャーテリアまで、たくさんの可愛いワンコが出てきて、犬好きには、たまらない映画。

ちなみに本作「僕のワンダフル・ジャーニー」の原題は”A dog’s journey”で、前作「僕のワンダフル・ライフ」は”A dog’s purpose”。

邦題を”ワンダフル”で統一したのは、ワンコとかワン!にかけているのかな、誰も突っ込まないけれど。(^^ゞ

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。