完売だった天の河伝説のチケット、ゲットした~~~(≧▽≦)

旺季志ずかさんが脚本と演出を手掛けるオリジナルミュージカル、天の河伝説。

2017年の初演から、今回が3回目(多分)。

私は初演の時、池袋まで観に行きました。

日本人でありながら、全く興味のなかった古事記の世界。

イザナギとイザナミが、棒で海を混ぜ混ぜして日本列島を創った…くらいのことしか知りません。

でも大好きな志ずかさんの舞台だから、のこのこ出かけていって、…そしてガツンと衝撃を受けました。

でもなにが衝撃だったのか、なにが響いたのかを、うまく言葉にできませんでした。

つまり消化しきれなかったのですね。

天の河伝説
(2017年11月)

今回、新しいキャストで再演することを知り、もう一度行ってみようかな…とモタモタしているうちに、チケットは完売。

あら、ご縁がなかったのね…と都合よく解釈していました。

ところが初日が近づくにつれ、志ずかさんがSNSやブログで、稽古の様子を発信し、何度も何度も、『天の河伝説は、観るのではなく体験する舞台』と繰り返しました。

このミュージカルを書こうと思ったきっかけも、自分のものとは思えない、ナニモノかに突き動かされるような衝動だった…と。

『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』を書いた時も、同じことを仰っていました。

オクボク

今回は、初演の舞台をさらにバージョンアップ。

テーマは陰陽の統合、バランス、失われた部分を見つける…、まさに今、私が学んでいる『シャドー(影)』のことじゃないですか!

ああ、なんでチケット取らなかったんだろう…。

私の直観、サビサビじゃん…と後悔しました。

でも、どこかで、また行ける…という想いもあり。

そうしたら、2日前の夜、たまたま開いたSNSに志ずかさんの投稿。

『キャンセル分が再販されます』

おおおおおおおおおお!

飛びつくように販売ページをチェックすると、なんと、私のシフトが入っていない日のチケットが出ていました!

即ポチリ!

慌ただしい東京日帰りになるけれど、いいや、行こう。

じゃなくて、行きたい!

こんなことが可能になったのも、新幹線さまのおかげです。

嬉しい(≧▽≦)

脚本・演出の旺季志ずかさんのブログ
月の姫を亡くした王子様・王子を見失った月の姫

天の河伝説

ずっとテンノカワ伝説だと思っていたのは、内緒(^^ゞ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。