夢を描くなんて恥ずかしいし、時間管理も下手くそな私が、夢を叶える手帳を買った

私は自分に甘いので、仕事や予約などで拘束されない時間は、できるだけ空けておいて、自由にしていたい。

…言い換えれば、なんの予定も立てずに、ダラダラするのが好き。

つまりはナマケモノなのだ。

だから時間管理は、昔から苦手。

この度、ちょっと思うところあって、手帳で1日の時間を管理してみることにした、今更ながら…。

自分の残り時間を考えるようになった

前職を辞めてから、なし崩しに夫の仕事を手伝うことになった。

これからは全部自由な時間になると思っていたのに、当てが外れた。

午前3時間半、午後4時間、週に10コマ、私のゴールデンタイムが費やされ、帰宅すると1日分のエネルギーの大半はすでに消費済み。

あとは必要最低限の家事をこなし、ご飯を食べて、風呂に入って、寝るだけ。

多少は残った時間もあるが、何もする気が起こらず、ダラダラしていた。

本当は少し骨休めしたら、また次の何かに向かって始動しようと思っていたのに、次の何かをじっくり探す余力がない。

そうやって2年が流れ去った。

最近、周囲のお年寄りに、目がいくようになった。

だんだん体の自由がきかなくなり、健康も危うくなり、食事制限などもあって、食べたい物も我慢している人が多い。

そうやって人生の最終章を過ごしている。

これまでは我がことと思えなかったその最終章が、やがては来るんだなぁ…としみじみ思う。

以前13歳年上の義姉が50歳になった時、人って50歳になるんだ…と能天気な反応をした。

でもその13年後、私も50歳になった。

そして60歳になる日も、70歳になる日も、確実にやってくる。(生きていれば)

それは遥か彼方の未来じゃない。

一日一日と私の残り時間は減っていく。

…で、いいの?

このまま、ただ漫然と生活して、時間を食いつぶしていて、いいの?

本当にいいの?

夢という言葉が好きじゃなかった

実は私は夢という言葉に抵抗がある。

この歳になって、今更夢なんて…という想いもあるが、若い頃から、夢は頭がお花畑な人たちのもので、どこか胡散臭いと思っていた。

少年よ、大志を抱け…は、私には関係ないこと。

ずっと私の人生、こんなもの…と思ってきたからか。

どうせ無理と諦めるための口実だったのか。

心理学と断捨離に出逢って、夢を描くことへの抵抗感はかなり薄れた。

夢と呼ぶから面映ゆいのであって、望みとか実現したいことと言いかえれば、しっくりくる。

もうこのまま余生でいいや…なんて、思っていない。

これまでいろいろあったけれど、ここからが人生の集大成。

無理かもしれないけれど、実現してみたいことはある。

その諸々を夢ノートに記すようになった。

夢ノート

目標に向かうために時間管理が必要

夫がピンチの今、仕事を手伝うことは、嫌ではない。

ただこの仕事は、夫にとっては天職だが、私が自分で選んだ仕事ではなく、当然、残りの人生をかけたいとも思えない。

今の私はピンチヒッター。

だけど、こうも長くピンチヒッターが続き、終わりも見えないとなると…。

もうピンチが終わるのを待ってはいられない。

ならば、今の状態で、手持ちの時間を有効活用するしかないではないか。

時間の使い方が下手だなぁ…とは薄々思っていた。

だけどなんとかしようとはしなかった。

手帳にびっしり1時間刻みのスケジュールを書き込んでいる人や、スマートウォッチを駆使して、時間管理をしている人を、何人も知っている。

知ってはいるが、…自分はやりたくない。

なんだか窮屈そうな感じがして。

なんだか縛られるような感じがして。

なんだか自由がなくなるような気がして。

だけどこのままでは後悔する…という想いが、どんどん大きくなる。

私はどうしたいの?

自分の時間を上手に使って、望みを形にしたい!

ただ生活に流される日々を、立て直したい!

ああ、充実した1日だった、幸せだ~~と、満足して眠りにつきたい!

時間管理

今更…な感はあるが、手帳を使てみることにした

11月になると、本屋さんの手帳コーナーは活気づく。

来年のスケジュール帳や日記帳や家計簿がたくさん並び、お客さんは次の年への期待をこめて品定めをする。

そんな中で、ふと手に取った時間管理手帳。

”夢を叶える”と銘打った手帳は、実はたくさんある。

私も10年ほど前に1冊買ったことがあるが、3日で飽きた。

…というか、元々夢に抵抗があったので、書きだすこと自体が苦しかった。

その手帳は、ほぼ真っ白のまま断捨離…。

また同じことになるかもと、しばし躊躇する。

でもパラパラとめくってみたら、12ヶ月間、取り組む課題があって、書いてあるメッセージもちょっといい感じ。

To doリストとしても使えるし、もう一回チャレンジしてみよう。

…というわけで、2度目の正直で私が買った手帳はこちら。

中身のレビューは別記事で。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。