夢をかなえる人の手帳2020/藤沢優月 手帳に書くだけで、果たして望みどおりの人生をゲットできるのか?

時間を有効に使って、叶えたいことに向かって踏み出したい…。(あえて夢とは言わない)

もっと時間に余裕ができて、気力と体力が充実したら…、職場が安定して、私がフルタイムで入らなくても大丈夫になったら…なんて、言い訳に過ぎないんだよね。

断捨離でも散々言われた。行動が全てだ…と。

その最初の一歩として、時間、…自分で作りだそう。

夢を描くなんて恥ずかしいし、時間管理も下手くそな私が、夢を叶える手帳を買った

時間管理手帳を買った

これもご縁というのだろう、本屋さんでたまたま手にした時間管理手帳。

過去に一度挫折しているけれど、今度は真面目に取り組もう。

夢を叶える手帳

私が購入したのは、夢をかなえる人の手帳2020/藤沢優月。

来年度版で18周年で、170万部突破のベストセラー手帳らしい。

冒頭に手帳で夢を叶える方法やその意義、また具体的な使い方について、30ページほどのメッセージ。

私が抵抗を感じていた”夢”という言葉。

でも藤沢優月さんは、夢は大切なものの在り処を示していることを、貴方はすでに知っている…と言う。

夢とは、私らしさ、私独自の指紋のようなもので、人生の地図。

夢を失うことは、人生の方向性が分からなくなること。

どっちに向かって歩けばいいのか、何を目指せばいいのかが分からない。

いつもどこかに、夢中になれるものを探している。

探している時は、自分の基準を見失っている時。

自分の時間なのに、自分がいない。

ただ機械的に、表面をあわせて、時間を生きているだけの日々は、虚しくないか?

自分の時間を、自分の基準で選んで使おう!

ポイントは4つ

自分の時間を取り戻すためにすることは、たった4つ。

この4ポイントと真剣に向き合うだけで、1年の70%くらいの時間のテーマをカバーできるそうだ。

① 今ある予定を、手帳に書く

これは簡単。仕事や学校の時間や、睡眠、食事、入浴など、すでに決まっていることを、手帳に書き込む。

すると自分の空き時間がどれくらいあるのかが、把握できる。

② 夢を持つ

つまり目標や達成したいことやゴールを、具体的にしておく。

どこに行くのか知らずに歩いても、迷子になるだけだから。

③ いつでも「今」に集中。「今」の感情に注意を払う

これって、今できることは今やる、そして言い訳をしないってことだと、私は理解した。

「目の前の、これが終わったら、真剣にスタートしよう」とか「次にチャンスがきたら」とか「明日にしよう」とか言わない。

やるべきことから逃げない。

真剣に生きることを、先延ばしにしない!

なぜ逃げたくなるのか?

それは怖いからだと思う。

真剣に取り組んで、上手くいかなかったら、批判されるかもしれないし、笑われるかもしれない。

それが怖いから、いろいろ言い訳を重ねて、動かない。

でもそれでいいの?

④ 灯台の時間を持つ

灯台の時間とは、一人になって、落ち着いて、自分の時間を俯瞰する時間。

この誘いに乗ろうか乗るまいか、このスケジュールは無理そうだ…などを、改めて考える大切な時間。

いうなれば一人作戦会議の時間だ。

1日に10分でいい。

灯台の時間を、あらかじめスケジュールに組み込んで、自分の選択をじっくり吟味する。

そしてスケジュールを他人都合の予定から、自分の予定へと入れ替えていく。

時間管理

手帳の構成

夢をかなえる人の手帳は、12年カレンダー、年間表、年間カレンダー、ワクワクリスト(4種類)、ライフサークルのBe/Do/Haveを書き込むページ、30ページの本文と続く。

そして月ごとの課題、月間カレンダー、日別カレンダーが12ヶ月分という構成だ。

夢を叶えるとは?

夢とはなんだろう?

億万長者になること?大女優になってレッドカーペットを歩くこと?ノーベル賞を受賞すること?

確かにそれもアリだけど、最初から誰もが驚くような壮大な夢を、目指す必要はない。

きっと無理だよ…と諦めてしまう人のほうが多いから。

もっと地道にいこう。

まずは灯台の時間を積み重ね、「本当は気が進まない」予定を「こっちがいい」予定に変更していくだけでいい。

その小さな日々の積み重ねが、夢を叶えていくことになる。

だって確実に自分の望みに近づいているでしょ?

自分の「こっちがいい」望みがいくつもいくつも現実となる、…それが夢を叶えること。自由

11月のテーマは怒り

うん、よしよし、やる気になってきたぞ。

来年1月から早速スタートだと思いつつ、次のページを開いたら、な、なんと、この手帳は11月から1年間用だった!

11月も残りあと1週間、しかも月曜始まりのカレンダーなので、11月最終週は12月に含まれている!

わお!つまり11月はもう終わったってことだ。

でもいいや、11月のテーマは怒り。

これは押さえておきたいテーマだから、課題分はちゃんとやろう。

誰か1年間、私と一緒にやってくれる人がいたら、嬉しいけどなぁ…。

課題の考察は別の記事で。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。