使い捨てマスクを消毒して再利用する方法

マスクが店頭から消えて久しく、どこに行くにもマスク着用を求められるのに、入手できません。

私が最後にマスクを買ったのは1月末。

だってここは日本だもの、一時的に品切れになっても、2週間もすれば、また買えるようになる…と全然心配していませんでした。

政府も増産しているから大丈夫というし…。

だけど、あれから3ヶ月経ったのに、未だに店の棚は空っぽのまま。

巷では手作りマスクが流行りだし、小池都知事の可愛いマスクも話題になっています。

都知事のマスク

でも!手作りが苦手な人はどうすればいいの?

よしんば針仕事は得意でも、時間がなかったり、ゴム紐をはじめ材料が入手できなかったり、老眼で手元が見えなかったり…、ハンドメイドできない人もいます。

私もその一人。

若かりし頃は、キルトをチクチクやっていたこともありますが、今はそんな余裕もないし、肩も凝るし、よく見えん。(^^ゞ

だけどマスクは必要です。

…で、ワタクシは、使い捨てマスクを、洗って再利用することにしました。

元々ディスポとして作られていて、メーカーも再利用の想定はしていないので、褒められたことではありません。

でも背に腹は代えられない…。

(しかも私は町のクリニックで働いているので、マスク、絶対必要です。)

これはあくまでも私のやり方ですが、もし同じように困っている方があれば、お試しください。

ただし元々呼吸器疾患のある方には、お勧めできません。(熱湯消毒のほうがいいと思います)

用意する物

ボウルかバットか洗面器。

キッチンハイター。

水。

洗浄液を作る

水、またはぬるま湯1リットルに、キッチンハイターをキャップ5分の1入れて、かき混ぜます。

マスク洗浄

マスクを浸す

洗浄したいマスクを入れて、5分浸け置き。ひっくり返してまた5分。

揉んだり、強く擦ったりすると、破れや型崩れの原因となるので、気を付けてくださいね。

マスク洗浄

ファンデーションの色が薄っすらと残りますが、自分で使う限りは気になりません。

よくすすぐ

何度も水を替えて、ハイターの匂いがなくなるまで、十分にすすぎます。

マスク洗浄

干す

室内であれば、夜干せば、翌朝には乾いています。

マスク洗浄

耐久性の検証はしていませんが、だいたい3回くらいは洗えると思います。

(もっと使えるとしても、さすがに衛生用品なので…)

シャープやパナソニックがマスクを製造し始めていますし、店頭にもそろそろ出てくるのではないかと期待しています。

なんとかそれまで、みんなで乗り切りましょう!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。