新鮮なタケノコは面倒な下茹でをしなくても、美味しく食べられる!

タケノコは鮮度が命。

掘り上げたが最後、刻々と味が落ちる。

なるべく早く食卓に出さなければ、旬のおいしさを逃してしまう。

だがタケノコは下茹でをしなければならないので、なかなかその日のうちに食べるのは難しい。

親戚のさっちゃんは、竹藪を持っている。

朝5時に掘ってきたタケノコを、「持っていかれよ」(方言)…と、気前よくくれた。

筍

持つべきものは、畑と竹藪を持っている親戚~~♡

何年もタケノコを掘っているさっちゃんが、美味しいタケノコの見分け方を教えてくれた。

頭頂部から突き出している部分が白いのが、いいタケノコなんだって。

画像では右から2番目の大きいやつ。

筍

さらにさっちゃんが達人の奥義を伝授してくれた。

新鮮なタケノコは、下茹でしなくても、食べられるとのこと。

え~~~?嘘~~!

鍋にたっぷりの水と米ぬかと唐辛子を入れて煮あがらせ、その後コトコト1時間。

一晩寝かせて、皮をむいて水に浸け、調理・味付けして初めて食べられるんじゃないの、タケノコって?

じゃあ、これまでのあの手間はなんだったのか?

シンクも米ぬかでドロドロになっちゃうのに。

でも産地ではタケノコの刺身もあると聞くし、案外、できるのかも。

…で、半信半疑だったけど、やってみたよ、下茹でなしの調理。

「実験なんだから、エグミがあっても我慢する」と夫の言質は事前にとって。

筍ごはんと煮物と天ぷら。

筍づくし

じわ~~っと口いっぱいにエグミが広がったら、どうしよう…と恐る恐る食べてみた。

あれ?美味い!

全然エグくない。

下茹でした筍より若干硬い感じはするけれど、舌がしびれるようなことは皆無だった。

わ~~ん、美味しいよ~~、さっちゃん!

でもこれは新鮮なタケノコに限ってのこと。

2本使ったので、残り5本はしっかり下茹でした。

またひとつ賢くなった。(≧▽≦)

 

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。