仏壇から魂を抜く仏壇納めという儀式

仏壇というものは、一度設置したら、めったなことでは動かしてはいけないそうです。

転居や仏壇の買い替えなどで、やむおえず動かす場合は、仏壇納めという魂を抜く儀式をします。

2年前から片づけをお手伝いしている空き家、あまりにも大量のモノがあったため、いったいいつ終わるのやら見当もつきませんでしたが、地道な週末ごとのゴミ捨ての結果、やっと目途がつきました。

片づけの最後の締めくくりは、仏壇納めです。

お坊さんにお経をあげてもらって、仏壇から魂を抜きます。

ずっと片づけはしてきましたが、その間、掃除はおざなりで、仏間も座敷も埃がたまって、そうとう汚れていました。

そこで仏壇納めの前日、親戚が集まって大掃除。

もうモノはほとんどないので、あとはひたすら掃いたり、拭いたり、掃除機をかけたりの繰り返しです。

畳もすぐに雑巾が真っ黒になるほど、汚れていました。

約2時間、窓を開け放して風を入れながら、黙々と拭きまくります。

膝も手のひらも靴下も真っ黒け…(^^ゞ

だけどね、そうやって汚れを取り除いただけで、全員が感じました、なんだか空気が変わったと。

はっきり見えるわけではないけれど、空気が清々しいと。

空間そのものが浄化された感じがすると。

そうなの、その通りなの。

片づけはお祓い、掃除はお清めと言われるのは、そういうことなの。

仏壇

さてその仏壇ですが、相当に大きな物です。

昔から北陸地方は、金箔や欄間の技術で知られていますが、仏壇にもその髄が存分に生かされています。

漆の扉を開けると、さらに金箔張りのすかしの扉。

仏壇

内扉を開けると…。

仏壇

絢爛豪華なゴールドの世界です。まばゆい…。

では、見事な細工をご覧ください。

仏壇 仏壇 仏壇 仏壇 仏壇

床の間に極楽浄土があるかのよう…。

芸術作品といってもいいのではないでしょうか。

この仏壇から魂を抜き、法名のお軸(位牌ではない)を新しい仏壇に移します。

仏壇収め

お経をあげてもらって、魂を抜くと、豪華な仏壇もただの箱になります。

ご本尊と法名のお軸は大切に保管して、新しい仏壇へお引越しです。

仏壇収め

仏壇屋さんが仏壇を引き取りに来ました。

外せる装飾品は全部外して、搬出します。

仏壇収め

大きな仏壇なので、3人がかりです。

仏壇収め

そして30分後。

仏壇収め

からっぽ。

仏壇収め

ただただ清浄な空間が残りました。

長きに亘り、家族の生活を支えてきた家という空間に、いっぱいの感謝をこめて。

ありがとうございました。

立山

雄大な立山に見守られていた1日でした。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。