『手放し難きを手放せば、得るべきを得る』…を噛みしめながら

『手放し難きを手放せば、得るべきを得る。』老子の言葉。

これまでたくさんのモノを手放してきて、人生には手放せないモノなどない…と知った。

手放せない…と思っているのは自分だけ。

人は裸で生まれてきて、裸で死んでいく。

この世でどんなモノを手に入れたとしても、持っていくことはできない。

それはモノでも、コトでも、ヒトでも同じ。

これだけは手放せないとしがみついていた職を手放した時、そこには別れがあった。

痛みを伴う別れだった。

立ち直りに時間を要したものの、ああ、こんな大切なモノすら人は手放せるのだ…と感慨深かった。

時間とともに、人は変わる。

身を置く環境も人間関係も、おのずと変わっていく。

 

先週、ひとつの別れが訪れた。

まったくもって望んでいない別れだった。

引き留めておきたい気持ちはとてもとても大きかったが、相手の幸せを考えた時、仕方がないと思った。

去っていく後ろ姿がいとおしかった。

 

手放し難き存在が、行ってしまった。

得るべきを得るなんて、今はとても思えないけれど、どこにいても貴女が幸せで笑っていることを祈っている。

祈り

永遠などない…と知っている。

人生に別れはつきものだ。

でも、やっぱり痛いなぁ…。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。