フレンチの老舗シェ・ヌウ(金沢市)で午餐のひととき

 

金沢でフレンチといえば、まずシェ・ヌウの名が挙がるのではないでしょうか。

私が20代の頃から、すでにフレンチの名店として知られていました。

崖に貼りつくように建てられた店舗からは、犀川方面が見渡せます。

桜の季節は、広い窓一面がピンク色に染まるはず(その時期に行ったことはないけど…)。

本格派フレンチの店舗とカジュアルなサロンド・シェ・ヌウが隣接しています。

シェ・ヌウ

本日は本格フレンチ。3月に入ったスタッフの歓迎会です。

私の職場は、スタッフ全員が働くお母さん。

お子さんが小さい方もいるので、歓送迎会はたいていランチ会です。

シェ・ヌウ

玄関を入るとこんな異空間が広がっています。

ヨーロッパのサロンに迷い込んだかのよう。

シェ・ヌウ

午前中、地味に忙しかったので、もうお腹がペコペコです。

お昼のコースの1皿目。

シェ・ヌウ

人参のプリン仕立て野菜のジュレ添え。

野菜や魚介の燻製をジュレと混ぜ混ぜして、いただきます。

シェ・ヌウ

ムラサキイモのスープ。

サツマイモよりも甘みが強く感じます。

スープですが、デザートでも通るかもしれません。

シェ・ヌウ

焼き立てパン。私はクレセント型(細長いほう)が好き。

シェ・ヌウ

ヒラメとホタテのポワレ。

ソースが泡!

脇役のはずのアサリやズッキーニも、主役級の仕上がりでした。

揚げたコシアブラ(山菜)がアクセントです。

シェ・ヌウ

愛媛のブラッドオレンジのゼリー寄せ。皮で作ったマーマレードソースとアイスクリーム。

アイスクリーム、絶品です。

ドライにしたオレンジのスライスが、ものすごく薄い!

1ミリくらいしかなくて、どうやってスライスしたのか、謎は深まります。

シェ・ヌウ

どの料理も美しくて、美味しくて…。

満足すぎて、言葉にできません。(^^ゞ

”美味しい”に勝る幸せはなし…と実感しました。

 

そうそう、お隣のテーブルには、なんと遊墨書の森秀一先生が!

8人の大所帯の私たちに、1枚ずつ5月のはがきをプレゼントしてくださいました。

森秀一先生の遊墨書

私のは兜。

先生が使うのは、筆ペン。水でぼかしながら描いています。

またお稽古に行きたいなぁ…。

 

シェ・ヌウ

ちょっとした小物がいちいちお洒落です。

シェ・ヌウ

雰囲気、ばっちりでしょ?

今日のコースは、どの品も美しくて、美味しくて、目も舌もお腹も大満足でした。

お隣のサロンド・シェ・ヌウでは、もっとカジュアルにシェ・ヌウの味を楽しめます。

店内の設えもとても凝っていて、隠れ家的なお店がお好きな方には、お勧めです。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。