天ぷら 小泉/金沢市池田町

私は揚げ物が上手い。

中でも春巻きは「店に出せるレベル」と、家族にすこぶる評判がいい。

天ぷらもしかり。

昔は、エビからべろんと衣が剥がれる無残な天ぷらを揚げていたが、いつの間にやらサク・フワの天ぷらに進化した。

千里の道も一歩から?

石の上にも30年?

いやいや、コレもひとえに、『コツのいらない天ぷら粉』のおかげ・・・。ありがとう、日清。

コツのいらない天ぷら粉

 

私の天ぷらも大分上手になったが、プロにはかなわない。

・・・ということで、ほんまもんの味を求めて、天ぷら 小泉へ。

天ぷら 小泉の基本情報

住所 金沢市池田町4-34

電話 076-223-0023

定休日 日曜日(月曜日祝日の場合は月曜日)水曜日の昼

営業時間 12:00~水曜日は昼営業休み。18:00~20:00ラストイン

席数 9席(カウンターのみ)

全席禁煙・完全予約制(予約は1ヶ月先まで)

駐車場 なし

外観

池田町の大通から、一本中へ入ると、もうそこは閑静な住宅街。

昔ながらの細い小道に面し、知らなければ通り過ぎてしまう。

賑やかな看板ものぼり旗もなく、訪れる者を静かに迎えてくれる。

天ぷら 小泉

なんとお隣は、隠れ家フレンチTable Enso(正式名称はすごく長い)。

天ぷらとフレンチ、和と洋が並んでいる・・・。

天ぷら 小泉のお料理

コースは2種類。

私たちは前菜3種類のコース。

天ぷら小泉

ウグイとバイガイの和え物。

ほんのり梅の香りがしたけれど、気のせいかな。

天ぷら小泉

アオリイカのお刺身。

1週間熟成させたイカだそうで、モチモチと甘かった。

お好みで、このわた、塩、しょうゆに絡めて。

て

能登牡蠣と加賀の丸葉春菊。

牡蠣、大好きーーー!

天ぷら小泉

海苔の天ぷらに生ウニとキャビアが乗っている。

これは定番らしい。

天ぷら小泉

白山のふきのとう。

春といえば、ふきのとうは外せない。

天ぷら小泉

天然ホタテ。

火は通っているが、中は生。これは美味しい。

レモンと塩で。

天ぷら小泉

甘鯛。

トップがギザギザしているのは、うろこがついたままだから。

魚のうろこなんて、食べられるの?

YES! 煮魚では無理だが、揚げるとパリパリした食感が楽しい。癖になりそうだ。

天ぷら小泉

つぼみ菜と高菜の芯。

珍しい食材が多い。

天ぷら小泉

鮎ではない。(季節的にも)

これはもろこ。鯉の子ども。

このほかにも、太刀魚、エビ、加賀レンコン、ゆりね、ふぐの白子大葉巻き、山ウドなど、目の前で揚げて、次々出してくれる。

天ぷら小泉

私の席からは大将の手元がよく見えなくて、残念。

天ぷら小泉

お酒も充実しているようだ。

辛口一徹純米、瀧自慢。

私は日本酒に詳しいわけではないが、すっきりしていて飲みやすかった。

天ぷら小泉

純米吟醸、而今。

じこんと読むらしい。(あ・・・ラベルに書いてある)

口に含んだ時、最初舌がピリッとするが、フルーティで盃が進む。

隣のグループは、グラスワインを何種類も頼んでいた。

天ぷらにワインもいいかも。

天ぷら小泉

〆は3種類から選べる。

かき揚げ丼、かき揚げの混ぜご飯、かき揚げのお茶漬けから、私が選んだのはお茶漬け。

小盛りにしてもらったが、お腹いっぱいで、もう食べられないと思ったのに、〆もきっと別腹。

デザートは、栃木のスカイベリーという大きなイチゴにたっぷり三盆糖をふりかけて。

以上、夜のコース。

大変美味しゅうございました。

 

参考になった?・・・と聞かれたが、家庭の天ぷらとは一線を画す。

芋やカボチャやピーマンをどっさり食べたい時は自宅で、珍しい食材をプロの技で揚げてもらいたい時は小泉で。

天ぷら 小泉HP

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。