ファスティング(断食)にチャレンジ

3日間のファスティング(断食)をすることになった。

ずっと身体が重いな・・・とは感じていた。

体重のことではない。

実際、昨年は5キロも痩せている。

なんかこう、籠もっているというか、へばりついているというか、そういう重さ。

そう、要らないものがいっぱいたまっている、重さだ。

ストレスが多かったので、食べ物の制限を全部外していた。

そんなことに気を配る余裕もなかったというか。

砂糖の摂取も無制限。

コーヒーはブラックだけど、洋菓子も和菓子もたくさん食べた。

砂糖は中毒性があると知っているのに、止められなかった。

お腹が空いていなくても、口寂しくて、つい甘い物を・・・なんて。

そしてず~~~んとのしかかるこの重さ。

リセットしたい

そんな時、ブログ仲間のさわこさんがファスティングすると宣言した。

あっ、それいいかも。便乗しよっと。

 

実は6年前にもファスティングをしたことがある。

やり方などは忘れてしまったが、すごく身体が軽く感じたのは覚えている。

3日準備、3日ファスティング、3日回復食の9日間プログラムの直後、私はコンビニのおにぎり1個を完食できなかった。

量というよりも、防腐剤などの化学物質を、身体が受け付けなかったようだ。

ビフォーとアフターで、身体が変わった感触があった。

 

今回の目的はダイエットよりも、リセット。

食べ物を断つことで、普段は消化に使われるエネルギーを、全部代謝に回す。

疲れた胃腸を休ませて、内部を大量の水で洗い流す。

善玉菌が増殖できる腸内環境を整える。

腸は第二の脳っていうくらいだからね。

自己流はよくない

でも素人考えのファスティングは危険だ。

そこでファスティングマイスターであり、分子栄養学カウンセラーのぴろりんこさんの指導を仰ぐことにした。

分子栄養学ってなんだろう・・・。

私には全く未知の分野だ。

 

ぴろりんこさんのファスティングプログラムは、準備2日、ファスティング3日、回復食2日の7日間。

スタート前に1回、初日に1回、オンラインセミナーを受講した。

おぼろげには知っているけれど、本当はよく分かっていない身体や栄養のことを、たくさん教えてもらった。

なんで食を断つのか、3日間食を断つことで何が起こるのか、ファスティング期間をどんな風に過ごせばいいのか、回復食はどう進めたらいいのか、せっかくリセットした身体をどうキープするのか。

オメガ3の話は、とても面白かった。

いや~~~、新しいことを知るって、楽しい!

ファスティング

準備期間の食事

準備期間は普通に食べていいのだが、「まごわやさしい」を心がける。

「まごわやさしい」とは、摂取したらよい食品の頭文字。

ま=豆類 大豆、小豆、黒豆、納豆、豆腐、油揚げなど

ご=ごま、ナッツ、木の実

わ=わかめなどの海藻類

や=野菜 特に緑黄色野菜でフルーツもここに含まれる

さ=魚 特に青魚やタコ、エビ、牡蠣、しじみなど

し=しいたけなどのキノコ類

い=芋類

ファスティング準備期間は、「さ」を抜く。

ざっくり言えば、動物性タンパク質抜きの和食ってことか。

ただし、量は少し控えめに。

カフェインはNGなので、コーヒー、紅茶、緑茶、もちろんアルコールもダメ。

コーヒー断ちはちょっと辛いかも。

これも中毒性があるからね。

準備期間スタート

今はすでに準備期間の2日目の夜。

朝は酵素ドリンクとお白湯。

昼はサラダと豚汁(肉抜き)と納豆ご飯。

おやつに福光屋さんの麹甘酒。

麹甘酒

夜はキャベツの土鍋煮とモズク酢とご飯。

キャベツの土鍋煮は、キャベツ丸々1個を八等分して、鶏肉、小エビ、ショウガと煮込む。

これに豆板醤をベースにしたタレをかけて食べるのだが、キャベツを大量に食べられるヘルシーフードで、我が家の食卓にはよく登場する。

ファスティング直前なので、肉やエビはよけて、キャベツも八分の一だけと思ったのに、美味しくて結局二切れ食べちゃった。

食後はハーブティー。

今のところ、全然苦しくないし、飢餓感もない。

普通に食べているのだから、当たり前か。

勝負は明日から!いざ!

ファスティングマイスターぴろりんこさんのブログ
(健康な食に関しての記事がいっぱい)

さわこさんのファスティング記録
(同じことを書いているのに、全然違うのが面白い)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。