岐阜県養老町・船戸クリニックのヴィラカンポでリトリート

おはようございます。

…という書き出しで、毎朝、ブログを書いていた頃があったなぁ、そういえば。

今朝はすごく、おはようのご挨拶がしたい気分。

硬めの敷布団、ちょうどいい室温、ハーブの香り、久しぶりにぐっすり眠って、目覚ましが鳴る前に目が覚めた。

機械音に無理やり眠りを破られるのではなく、自然に眠りから浮かび上がってくる気持ちよさ。

身体が、もういいですよ…と言っている感じ。

カーテンを開けたら、曇り空。

でも目の前にはハーブガーデンとダマヌールの渦巻き。

船戸クリニック

ああ、そうだった、昨日から岐阜県養老町の船戸クリニックに来ているんだった。

クリニックといっても入院しているわけではないから、ご心配なく。

みそぶの仲間と、船戸クリニック併設のヴィラカンポでリトリート中。

人数の関係で、私は一人部屋をいただき、静かな朝を迎えている。

ブログを書く時は、ある程度、交感神経をオンにするのだが、こんなにゆるゆるでほにゃっとしたまま、書くのは珍しいかも。

…きっと体も心も緩んでいるからだろう。

みそぶとは、emi’sカフェのEmiちゃんを中心に、味噌作りを通じて、人生を豊かにし楽しむ部活。

10年くらい前から、断捨離や聴き方の学びを共有してきた仲間でもある。

そのみそぶが、みんなでヴィラカンポに行こう!…と決めたのが、1月半ば。

まさかこんなにすぐ実現するなんて…。(私はカメ体質)

なにごとも、スタートは”決めること”なんだなぁと改めて思う。

決めなければ、なにも動かない。

みそぶのメンバーは、それぞれに仕事があるので、先発隊と後発隊に別れ、途中で帰る人もいるけれど、全て自由。

滞在中になにをするかも、全て自由。

船戸クリニックでは、たくさんのセラピーが用意されているが、できることは全部体験したい人もいれば、なにも受けずにただゆっくりしたい…という人も。

一緒にいるけれど、全て自由というこの関係性が、とても心地よい。

ヴィラカンポには、宿泊できる部屋が4つある。

ローズマリー、ティーツリー、ラベンダー、ユーカリと、ハーブの名前がついている。

お玄関も、童話の中の家みたいで可愛い。

ヴィラカンポ

私の部屋はティーツリー。

ヴィラカンポ

それぞれの部屋は、テーマカラーが異なる。

ローズマリーは、ピンクのソファだった。

ヴィラカンポ

ソファに座ると、眼の前にハーブガーデン。

窓を開ければ、気持ちのよい風が流れ込んでくる。

ヴィラカンポ

寝室は腰高の壁で仕切られているだけなので、解放感抜群。

あれ、先客がいる?

ヴィラカンポ

お帽子もシックなクマちゃんだった。今晩は一緒に寝ようね。

ローズマリーの寝室には、白いウサチャン。

ヴィラカンポ

ハーブティにしてください…と、フレッシュハーブが生けてある。

ヴィラカンポ

クリニックのレストランで手作りした、ドライフルーツも。

日ごろ、仕事に、家事に、子育てにてんてこ舞いで、自分の時間なんてなかなか取れない女性たち。

でもそんな忙しい中、時間をなんとかやりくりして、リトリートにやってきた。

ここにいる間は、いったん役割は忘れ、自分をねぎらい、緩める時間にできたらいいなと思う。

ヴィラカンポHP

セラピーやお食事の紹介もしていくね。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。