ファスティング回復食2日間(流動食)

ぴろりんこさん指導の下、取り組んできたファスティング。

準備2日、ファスティング3日、回復食2日、計7日のプログラムも、いよいよ終盤、回復食に入った。

3日間酵素ドリンクと水しか摂取していないので、胃腸も休眠中。

いきなり普段の食事には戻せない。

流動食から始めて、少しずつ固形物に移行する。

離乳食みたいだな、こりゃ。

ファスティング1日目 最初の回復食

回復期1日目と2日目は、流動食のみ。

食べられる物は、限られている。

ファスティング明け最初の食事は、黒テンペ粥。

ファスティング回復食

黒テンペ粥とは、玄米、黒米、黒大豆、竹焼き塩、酵素を天然水で炊いたお粥だ。

それぞれこだわりの材料を使っている。

自分で作ろうと思ったら、材料集めから難儀すること間違いない。

レトルトがあって、よかった。

半量にさらに水を足し、レンジで温めて、いただく。

ファスティング前なら、飲み物感覚で、30秒で完食だろう。

だが眠っている胃を驚かせないように、ゆっくりゆっくり、一匙、そしてまた一匙。

普通、お粥は味がないので、梅干しや塩昆布が欲しくなる。

でも要らなかった。

玄米や黒米や黒豆を舌の上で転がし、あるかないかの味を感じることができた。

これはマインドフルネスに似ている。

マインドフルネスには、干しぶどう一粒を五感を使って味わうエクササイズがある。

視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚全てをフル稼働して、干しぶどうを感じるのだ。

最後は、胃の中に流れていく感触までも、味わう。

なんだかそれに似ている。

味がなくてもお粥を食べられるということは、味覚がとても鋭くなっている証拠だろう。

1日目のお昼はリンゴのすりおろし

リンゴスリスリには、郷愁が伴う。

子どもの頃、熱を出すと母が用意してくれたのが、リンゴスリスリと桃缶だった。

なつかしいな~~。

リンゴ2分の1個。

量が少ないので、せめて器は豪華にしよう。

ファスティング回復食

回復食1日目の夜は、黒テンペ粥2分の1袋とリンゴのすりおろし2分の1個分。

この日は塩分が恋しくて、梅干し入りのお湯も飲んだ。

トータルすると、回復食1日目は、レトルト粥一袋とリンゴ1個、酵素ドリンク60㏄と梅干し。

空腹感は、ほぼない。

ファスティング回復食2日目

2日目の朝は、1日目と同じ。黒テンペ粥2分の1袋と酵素ドリンク20㏄。

ファスティング同志のさわこさんが、スムージーを作っていたので、真似してみた。

ミニトマト、リンゴ、ニンジン、アボカド。

ファスティング回復食

おお、こうやって見ると、彩りがきれいで美味しそう。

だけど、スムージーにしてみると・・・。

ファスティング回復食

なんじゃこりゃーーーな感じになってしまった。

案の定、とっても不味かった。(T_T)

通常、スムージーを作る時、私はバナナやイチゴやヨーグルトや蜂蜜を入れる。

そういう美味しくなる要素が入ってないし、アボカドを入れたのが失敗の原因かな。

夜ご飯は、黒テンペ粥に、味噌汁を付けてみた。

ファスティング回復食

味噌汁の具は、サツマイモ一切れ。

横では家族が普通に食事をしている。

筋トレに勤しむ息子もいるので、サラダ、ピーマンと牛肉の炒め物、ヒレカツ、味噌汁、たらこ、ご飯というラインナップ。

ファスティング明けの身で、自分が食べられない物を作るって、どんだけ私は女神様なんだろう!

 

さて、これでファスティング7日間プログラムは終了。

明日からは固形物も食べられる。

・・・が、全く前と同じというわけにはいかない。

準備食と同様、【まごわやさしい】を基本に、少しずつ通常食に近づけていく。

あと1~2日、食べた物を記録しようと思う。

体重やウエストの変化も、次記事で。

ファスティングマイスター・ぴろりんこさんのブログ

ファスティングの同志・さわこさんのブログ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。