ファスティング回復食3日目(固形物) 体重とウエストの変化

準備2日、ファスティング3日、回復食2日、計7日間のファスティングプログラムが終わった。

回復食2日間は、離乳食みたいな流動食で、3日目から固形物に移行する。

ファスティング回復食3日目 いよいよ固形物

固形食は6日ぶり。なにを食べようかな~~。

ファスティング回復食

梅干し入りの小さなおむすび。サツマイモのお味噌汁。リンゴ。

まあ、最初はこんなところかな。

おむすびを囓った。

ゆっくりゆっくり噛んだ。

米の甘みがじわっと沁みてくる。

ご飯って、こんなに美味しかったっけ?

やるな、ひゃくまん穀(石川のブランド米)。

ファスティング回復食

お昼は、納豆ご飯、具だくさん味噌汁、ほうれん草のおひたし。

納豆はパック半分にしておいた。

たいていお昼ご飯は、パンやお弁当を買ったり、残り物でちゃちゃっと済ませる。

昼食に自分だけのために、大根とニンジンとゴボウとタマネギと長ネギを切って、丁寧に味噌汁を作る・・・なんて、初めてじゃないかな。

いつもは誰かのための調理。今日は私のための調理。

なんだか新鮮な気分だった。

ファスティング回復食

夕ご飯は品数を増やした。

サラダ、切り干し大根、ほうれん草のごま和え、粕汁、納豆ご飯、リンゴ。

量的に少ないのに、食べ過ぎたと感じるのは、これいかに。

胃がかなり小さくなっているようだ。

無理させないように、気をつけよう。

ファスティング中に気づいたこと

*体が乾燥する。

肌がいつもよりカサカサする。

手なんて、おばあさんの手のようにシワシワだ。

唇も乾いて、ひび割れてしまった。

あわててリップクリームで補修。

油を摂っていないからかなぁ。

私が愛用しているリップクリーム

 

*現代人は食べ過ぎ。

これは前のファスティングの時も思ったが、私たちは食べ過ぎだ。

生命維持に必要以上のカロリーを摂取している。

それはもはやエネルギー補給のための食事ではなく、エンターテイメント。

生きるためを遙かに超えて、楽しむため、つまり飢えを満たすためではなく、心を満たすために食べている。

もちろん楽しみのために、食べてることはあっていい。

日本人の食はとても豊かで、アートと言ってもいいくらいだ。

せっかくそんな国に生まれたのだから、その恩恵は目一杯活かせばいいと思う。

ただほどほどにね。

そんなに食べなくても、死にはしないと肝に銘じておこう。

 

*効率があがる(・・・気がする)

消化にエネルギーを使わない分、頭がクリアになるように思う。

体も軽いし、胃もたれもない。

食にまつわる活動が減るので、時間に余裕ができる。

その証拠に、ファスティング中は、掃除がはかどったし、毎日ブログの更新もできた。

体重とウエストの変化

今回のファスティングはダイエットではなく、リセットが目的だった。

とはいえ、やはり結果が数字で表れると嬉しいものだ。

体重は2.4キロ減、ウエストは4センチ減。

くびれが(あるかなきかだけど)できた!

ウエストではないけれど、みぞおちからおへそにかけてがフラットになったのが、すごく嬉しい。

上から見下ろして、前はおへそがよく見えなかったのに、今はちゃんと見えるよ。(o^^o)

体重計で測った内臓脂肪レベルも、レベル4からレベル3に下がった。

今後の食生活

【まごわやさしい】を基本に、動物性タンパク質も徐々に再開していく。

100兆個100種類あった腸内細菌は、3日のファスティングで100万分の1まで減っている。

善玉菌が増えるように、植物性の乳酸菌が摂れるような食事を心がけなければ。

食物繊維も大事だから、お野菜いっぱい。

お砂糖は控えめに。

そしてなによりも適量を知ること。

食べ物を欲しているのが、体なのか脳なのかを、しっかり見極めること。

ながら食べや口寂しくてつい・・・は、アカンね。

だけどご飯は楽しくなくちゃ!・・・と私は思う。

美味しい物を少しずつ、楽しく食事をできる相手と感謝していただく、これに尽きるんじゃないかな。

ファスティング

ファスティングマイスター・ぴろりんこさんのブログ

一緒にチャレンジしたさわこさんのブログ

Chikakoのファスティング記録(2021年2月)

ファスティングにチャレンジ

ファスティング3日間 思ったより辛くない

ファスティング回復食2日間(流動食)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。