加湿器フィルターをナチュラルクリーニングで洗う

冬期の加湿は大切だ。

ウイルスは乾燥した空気が大好き。

加湿を怠ると、元気に飛び回り、喉や鼻の粘膜に張り付いてしまう。

暖房と加湿はセットで考えたらいいと思う。

だが加湿器のフィルターは定期的に洗浄しないと、カビやばい菌が繁殖するから怖い。

ある高齢者が、肺炎で入院した。

老人にありがちな誤嚥性肺炎ではない。

2週間ほど入院して、ホームに戻るが、その1ヶ月後にまた肺炎を発症。

いったいどうして?

関係者が導きだした答えは、部屋に置いてあった加湿器。

毎日、水は取り替えていたが、洗浄や消毒まではしていなかったとのこと。

 

我が家にも、リビングと各寝室に加湿器がある。

フィルターの洗浄は手間がかかりそうで、そんなに頻繁にお手入れしていない。

だが乾燥やウイルス対策のための加湿器が、ばい菌をまき散らすなんて、本末転倒だ。

面倒だなんて、言っていられない。

 

加湿器にもいろいろなタイプがある。

今回は、不織布タイプのフィルターを洗ってみた。

小型加湿器のフィルター洗浄

4ヶ月使った小型加湿器のフィルター。

たっぷり水アカがこびりついている。

これをどうやって洗うのか。

加湿器フィルター

私はナチュラルクリーニングでアタックしてみよう。

ナチュラルクリーニングで大切なのは、汚れの特性を知ること。

酸性の汚れはアルカリで、アルカリ性の汚れは酸で落とす。

水アカはアルカリ性の汚れだ。

ということで、水アカバスターは、クエン酸。

たらいに40度のぬるま湯を3リットル。

そこにクエン酸20グラムを投入。

加湿器フィルター洗浄

20グラムはこのぐらい。

加湿器フィルター洗浄

フィルターを浸けてて、1時間放置。

途中、1回、ひっくり返した。

同時に、受け皿にもぬるま湯とクエン酸を投入。

加湿器フィルター洗浄

1時間後、フィルターも受け皿も、水でよくすすいで、しっかり乾かす。

それだけ!

では、とくと見比べてみよう。

こちらがBEFORE。

加湿器フィルター洗浄

そしてAFTER。

加湿器フィルター洗浄

う~~ん、新品同様・・・というわけにはいかなかった。

でもChikako的には、十分満足かな。

なにより、とっても簡単だし。

加湿器フィルターは1ヶ月に1回、洗浄するようにと、取り扱い説明書には書いてある。

浸けて、すすぐだけなら、月一でも余裕でできそうな気がする。

ハイブリッド式(縦型で中でフィルターが回る)のお掃除の記事もどうぞ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。