ファスティング3日間 思ったほど辛くない

ひょんなことから、ファスティングにチャレンジ中。

ファスティングマイスター・ぴろりんこさんの指導の下、準備2日、断食3日、回復食2日の計7日間プログラム。

準備2日と断食3日が終わった。

「まごわやさしい」を基本に、動物性タンパク質を抜き、量を抑えた準備期間の後、本格的な断食に入った。

口にしていいのは、酵素ドリンク、ミネラル塩、ビタミンC粉末、ハーブティと大量の水のみ。

さあ、行くぞ!頑張るぞ!と気合いを入れて突入した断食フェーズだが、意外にも全然お腹が空かなかった。

時々思い出したようにお腹がぐ~~っと鳴る。

でも飢餓感はない。

あれ?こんなもんだったっけ、ファスティングって。

6年前にチャレンジした時は、もっと苦しかったんじゃなかったかな。

ファスティング1日目 お腹が空かない

全然、ずるはしていない。

なんでお腹が空かないんだろう?不思議だ。

6年前より老化が進んで、新陳代謝が落ちたのか。

それともエネルギー源になる脂肪が、たっぷりあったからか。

ぴろりんこさんは、スタートから48時間後にケトン体が放出されると教えてくれた。

ケトン体とは、糖質の代わりになるエネルギー源。

食べ物からエネルギーを得られなくなった体は、中性脂肪を燃やしてケトン体を作り、生命活動を維持する。

なるほど、脂肪なら、たっぷりある。

食べない私に気を遣って、夫が自分の夕食用に第7餃子を買ってくると申し出てくれた。

第7餃子は知る人ぞ知る、金沢市民のソウルフード。

ご飯と味噌汁とサラダを作るくらいなら、お安いご用だ。ありがとう。

ただし餃子の魅惑的な匂いを嗅ぐだけ嗅いで、食べられないのは、すごく悔しかった。

ファスティング2日目 外出三昧

いきなり眠くなるから、車の運転は控えてとぴろりんこさんに言われていた。

だが、朝起きた時、すごく調子がよかったので、月に一度のSeri塾〔ブログ塾〕に参加した。

Seri塾までは、車で30分。なんの問題もなかった。

その後、お天気がよかったので、兼六園に梅を見に行き、お隣小松市の小松天満宮まで足を伸ばした。

兼六園の梅園に行った

梅にはまだ早かったが、快適なドライブ(運転手は夫)で、断食中であることに意識が向かない。

この日も、空腹感が辛いということは、全然なかった。

2日も食べていないのに・・・。意味が分からない。

夜になって、勘違いが発覚。

酵素ドリンクの量を間違えていたのだ。

1日の摂取は20㏄×7回と思っていたが、30㏄×7回だった。

どうりで瓶の中のドリンクが減らないはずだ。

それと水を1日2リットル飲むのは、意外と難しい。

兼六園

ファスティング3日目 活動的に過ごした

体が弱っている感じがまるでない。

エネルギー源となる食物を取り入れていない分、ケトン体がいっぱい放出されているのかな。

朝から掃除と洗濯三昧。

天気がいいのは、気持ちがいい。

窓を開け放って、いっぱい掃除をした。

加湿器フィルターのクリーニングや水筒とコーヒーポットのクリーニングまでやっちゃった。

ああ、気分いい。

午後からは、一緒にファスティングをしているさわこさんに会いにいく。(昨日Seri塾で会ったばかりなのに)

ファスティングの経過やワードプレスの使い方や怒りについて、たっぷり2時間お喋り。

外出したり、誰かと話したりすると、気が紛れていいと思う。

・・・だが、3日目だというのに、やっぱり空腹感がない。

こんなにラクなら、5日コースでもよかったかも。

思わぬ副反応

明日からは回復食がスタートか。

3日間のファスティング、楽勝だったな・・・とほくそ笑みながら、眠りについた。

ところが、夜中に目が覚めた。

寒いのだ。

寝具も部屋の温度もいつもと同じなのに、寒くてたまらない。

慌ててレッグウォーマーを着けるが、背中がゾクゾクして、よく眠れなかった。

翌朝、手先がすごく冷たかった。

お白湯のカップを持つ手が、ガタガタ震える。

ファスティング中は体が冷えると言われていたが、最後の最後に冷えが一気に表れた。

そして脚に力が入りづらい。

2階に上がる階段で、脚がガクガクした。

これは6年前の感覚と同じだ。

エネルギー不足かな。

 

ではこれから回復食スタート。

ファスティングマイスター・ぴろりんこさんのブログ
〔食に関するためになる記事が一杯〕

一緒にファスティング中のさわこさんのブログ
〔一緒に頑張る人がいると、励まされるよ〕

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。