兼六園の梅はまだ一分咲きだけど、白鷺やカワセミに会えた日曜日

そうだ、梅、見に行こう!

大雪の後の嘘みたいに温かい日曜日、青空を見ながら思い立った。

金沢には桜だけではなく、梅の名所がいくつもある。

その代表格が兼六園の梅園。

咲きましたよ~~と地元の新聞に載ると激混みになるから、先取りしちゃえ。

・・・と勇んで出かけてきたものの、梅はほとんど咲いていなかった。

早咲き種がちらほらという感じで、黒い枝ばかりが目立つ。

やっぱり新聞の情報は、大事だな。

たぶん来週末あたりが見頃かと。

では早咲きちゃんたちをご覧あれ。

兼六園

兼六園

 

兼六園

梅園全体として見ると寂しいけれど、お花のひとつひとつはとても愛らしい。

少ししか咲いていないのに、かすかに梅の香りも漂っていた。

マスク外して、深呼吸しちゃうぞ。

金澤神社

梅園と隣接している金澤神社。

学問の神様ということで、受験生に人気がある。

初詣の時は、お参りまで40分ほど並ばなければならない。(たいてい雪)

鳥居の真横の池に、白鷺がいた。

おお、緑の中に一点の白。

場所が場所だけに、神々しい感じがする。

神様のお使いかもしれない。

金澤神社

ゆっくり歩きながら、ときおり魚を捕っているようだった。

あまりにも美しい姿に、池の周りにはにわかカメラマンがいっぱい。(私を含む)

そして、な、なんと、カワセミまで登場した。

金澤神社

狙いを定めて水面へ急降下する勇姿を、何度も見せてくれた。

広げた尾羽がメタリックブルー!

本物のカワセミを見たのは、生まれて初めてだった。

どこか山奥の清流のそばにしかいないと思ったら、こんな街中にいた。

次は望遠レンズ持っていこう。

(上の画像は、豆粒みたいに写ったカワセミを拡大した)

 

ちなみに兼六園は、毎週土日、石川県民は無料で入園できるって、知ってた?

運転免許証や保険証など、住所を証明できる物があればOK。

石川県民でよかったと思う一瞬である。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。