お湯が出なくなったって、石川県民には温泉がある! 浅野川温泉・湯楽に行ってきた

給湯器が壊れた!

スイッチを入れても、お湯が出ない!

真冬ではないので、水でできることは多いが、お風呂は水ってわけには…。

夫はジムで入浴まで済ませてくるが、私はどうしよう…。

湯楽があるじゃないか!

そうだ、我が家から車で12分の所に温泉があった!

浅野川温泉・湯楽。

源泉2カ所から湧き出す、100%純生の温泉。

ここ数年ご無沙汰だったが、久しぶりに湯楽に行ってみよう。

湯楽の基本情報

住所: 金沢市東町ロ80番地(湯涌温泉隣)

電話: 076-235-1126

営業時間: 8:00~22:00

定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)

入浴料: 大人(中学生以上)400円、小学生130円、幼児(4~5歳)50円、3歳以下無料

入浴早割: 8:00~14:00 大人370円

回数券: 11枚綴り 4000円

我が家からは12分だが、金沢駅からだと30分弱かかる。

湯涌までの道は、けっこう怖い

日曜日の夜8時半、温泉セットを持って家を出る。

湯楽は湯涌温泉のすぐそば。(ものすごく近いのに、源泉が違うので、湯涌温泉と呼べない。)

湯涌地域のみなさんは、とにかく案山子(かかし)が大好き。

等身大の案山子に、老若男女の服を着せ、集落のあちこちに飾っている。

バス停にやけに人がいるな…と思ったら、案山子の集団だったり、案山子が田んぼで黙々と作業していたり。

昼間見るとユーモラスだが、夜、人気のない道で、ヘッドライトに浮かび上がる案山子は、かなり怖い。

湯涌までは一本道だが、集落がない区間も多く、灯りも少ない。

ドキドキしながら運転したが、今年はなぜか、まだ一体も設置されていないようだ。

コロナの影響?

ま…いいか、ホラーは好きじゃないし。

温泉

湯楽の温泉は二種類

入浴施設なので写真は撮っていない。

ぜひHPで見てほしい。

湯楽HP

内湯の大浴場は広々している。源泉は戸室の湯。

サウナとジャグジーも完備。(現在はサウナは3人まで)

露天風呂は、医王の湯と戸室の湯の二つ。

泉質は、ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)等。

効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症。

なんか万能なお湯だ。

車椅子のまま入浴できる露天風呂や、打たせ湯もある。

自然豊かな場所だけあって、季節によっては、蛍を見ながら入浴できる。

露天風呂で、手足を伸ばしてのんびり

泳げちゃうくらい大きな露天風呂に、お客さんは2~3人。

ゆったりスペースを使って、リラックスした。

ほんわり立ち上る柔らかな湯気。

ちゃぷちゃぷ…投げ出した手足が、湯に浮いている。

あ~~~、なんかいろいろ溶けていくなぁ。

疲れも、心配事も、不安も。

お風呂の文化って、偉大だ。

温泉

こんなに気軽に温泉に行けるなんて、…いいね、金沢。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。