現実が苦しい時、私は家を整える すべては相似形だから…

目の前に苦しい現実が展開し、自分の無力さに凹み、途方に暮れる時、なにをすればいいか知っている。

現実を変える手立てすら思い浮かばない…、そんな時。

私は家を片づけて、掃除する。

泣きたい気持ちを奮い立たせ、ただただ家をきれいにする。

いつの間にか家に入り込んだモノや、増えたモノや、不要になったモノを捨て、汚れや埃や曇りを取り除いていく。

現実逃避?

そうかもしれない。

でも、断捨離で教えてもらった…、全ては相似形だと。

 

現実がグシャグシャな時は、たいてい家の中もグシャグシャだ。

今はそれどころではない。

問題を解決しなければならないのに、片づけや掃除をする余裕なんてない!

確かに心身ともに疲れ切っていれば、家の中のことは後回しになるだろう。

でも実際にできることがないわけだから…。

私はせめて相似形の一部を調えようと思う。

たとえ全然関係ないことのように見えても。

 

そうやって家が調えば、気持ちも少しは晴れる。

どよんと重く沈んだ頭には浮かばなかったアイディアも、ひらめくかもしれない。

そしてなにより、整った場所に居る時、人の心は調いやすい。

暗い面ばかり見て、ため息を連発し、不安に押しつぶされそうになっていても、少しは頭を上げようかな、もうちょっと頑張ってみようかな、ここまで落ちれば、後は上がるしかないよ…と、わずかな光が見えてくる。

とても不思議なことだけれど、場のエネルギーが調うと、千々に乱れて吹っ飛んでいた心が戻ってくるのだ。

ただテーブルの上に何もないだけで、ただ冷蔵庫の中が整然としているだけで、ただ床が光っているだけで、またお腹の底から勇気がわいてくるような気がする。

薔薇

 

現実面でできることは、全部した…。

けれど坂を転がり落ちるように、負の連鎖は続く。

とてつもない焦りと不安。

 

日曜日だから、一日ゴロゴロ寝ていることもできるけれど…。

そんな風に過ごしても気は晴れないし、疲れも取れないことは分かっている。

あまり気負わず、冷蔵庫の掃除をしてみた。

冷蔵庫は、私にとってはバロメーターみたいなものだから。

何かあると、いつも冷蔵庫を片づけるな、私は。

 

先週1週間の混乱ぶりを、如実に示す庫内。

食欲がないから…と、ろくに食べていなかったけれど、これではいけない。

ちゃんと料理して、ちゃんと食べないと。

そのためには、食材管理をしっかりしないと。

もう食べたくない食品を抜き出し、外せる部品は、全部、取り外して洗った。

冷凍庫もぬかりなく。

 

やたらとビールが多いのは、お中元をいただいたこともあるが、酒で忘れたい気持ちの表れかもしれない。

 

きれいになった冷蔵庫に、食べるつもりの食品を戻した。

よし、これで何があるのか、全部把握できた。

何を買い足せばいいのかも、すぐ分かるし、献立も立てやすい。

 

お腹に優しいスープでも作ろうかな。

…ほら、もう料理しようという気持ちになっている。

 

その前に、キッチンも磨いて、明日からの1週間に備えよう。

花

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。