きのう何食べた?の超簡単ローストビーフを作ってみた

きのう何食べた?は、よしながふみの連載マンガで、スタートはなんと2007年。

超ロングラン漫画だ。それだけ愛されているということだろう。

主人公はシロさんとケンジの同性カップル。

この二人の生活が淡々と描かれる。

毎回、かなりのページ数を使って、二人の晩ご飯のレシピと料理法が描かれる。

たいてい主菜、副菜、汁物を同時進行でシロさんが作る。

主菜を煮ながら、出汁を取り、同時に副菜の材料を切る…なんて、まさにお母さんの料理だ。

きのう何食べた?
©よしながふみ

超簡単ローストビーフ

夏のある日、友人の小日向さんの冷蔵庫が壊れた。

食材を冷蔵庫に入れてほしい…と、クーラーにどっさり食品を入れて、小日向さんとジルベールが訪ねてくる。

だが美食家で食材にこだわる小日向さんが持ってきてのは、高級でかさばる食材ばかり。

全部は冷蔵庫に入りきらない…と、その場で料理して食べることになった。

そこで呼ばれたのが、助っ人の佳代子さん。

シロさんの主婦友だ。

立派な牛肉のかたまりを、ローストビーフにしようと提案する。

超簡単ローストビーフの作り方

超簡単ローストビーフ

材料は牛肉とニンニクと調味料のみ。

本編では牛肉600グラムとあったけれど、これは400グラムくらい。

ニンニクはスライスしておく。

鍋にしょうゆ180㏄、酒200㏄、水200㏄を入れ、スライスしたニンニクを投入。火にかける。

超簡単ローストビーフ

沸騰してきたら、お肉を入れて、1分45秒。

トングでひっくり返して、また1分45秒。

これを4面全部やる。

超簡単ローストビーフ

火を止めて、菜箸を刺してみる。

少し抵抗があるが刺さるくらいがちょうど良い。

生だと、箸が刺さらず、逆にすっと刺さる時は、火が入りすぎだそうだ。

お肉を鍋から出す。

超簡単ローストビーフ

煮汁だけを再沸騰させたら、火を止めて、粗熱を取る。

冷めた煮汁とお肉をタッパーやジップロックに入れて、冷蔵庫で1日寝かす。

超簡単!調理時間は、20分かからない。(粗熱取る時間は含まず)

さて、出来上がりは?

ほどよく冷えたローストビーフを切ってみた。

超簡単ローストビーフ

なんてきれいなピンク色!

超簡単ローストビーフ

同じ煮汁に、ゆで卵を一緒に漬けておくと、さらに豪華になる。

きのう何食べた?
©よしながふみ

 

さてお気づきだろうか?

ローストビーフといいながら、ローストしていないことに。

言うなれば、これは煮豚のビーフ版。

ものすごく簡単な上に、味がしっかり沁みていて、とても美味しい。

超簡単ローストビーフのコツ

冷凍していない生のお肉で、食べる前日に作るのがお勧め。

完全に冷えると、お肉は切りやすくなる。

当日、切るだけでいいので、おもてなし料理に最適だと思う。

きのう何食べた?
©よしながふみ

超簡単ローストビーフは、単行本9巻に収録されているよ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。