小桜インコのココちゃんのお食事事情

なかなか指に乗ってくれなかったココちゃん。

もう手乗りにはならないつもりなのかな…と思ったら、今朝、私が差し出した人差し指にチョンと乗った。

ココちゃん的にはアクシデントかもしれないけれど、どうぞそのまま続けて!

インコの主食はシード

さて、ご飯の話。

シードとは、アワやキビなど数種類の穀物がミックスされた餌のこと。

だが穀類だけでは、栄養が偏る。

鳥もビタミンやタンパク質が必要で、シードだけではよくない…と本に書いてあった。

赤ちゃんの時は、あわだまにボレー粉やタンパク質のサプリを混ぜないといけないらしい。

え~~~?お店の人はそんなこと言ってなかったから、サプリなんてあげなかった。

体を作る大事な時期に、栄養が不足していたら、よくないよね。大丈夫なんかな?

…と今更心配しても遅いので、せめてこれから、気をつけてあげよう。

カトルボーンをあげてみた

カトルボーンとは、イカの骨。

囓ってストレス解消し、カルシウムも補ってくれる。

昔、セキセイインコにもあげてたなぁ…。

早速、ココちゃんにも。

ココちゃん

食べる物ではなく、止まる物と思ってくれたようだ。(^^ゞ

しばらくしたら、少し囓ってあったけど…。

野菜をあげてみた

ビタミン補給には青野菜。

だがほうれん草のように癖の強い野菜は向かないし、アボカドは絶対NGだそうだ。(アボカドなんて考えもしなかったけど)

とりあえず、青野菜の王道、小松菜。

ココちゃん

ガジガジしている。

ちぎってモグモグしては、ペッと捨てるんだけど、少しはお腹に入っているといいな。

ブロッコリーはどうかな。

ココちゃん

これも同じ。

喜んで囓るけれど、バラバラにして、下に落とす。

もしかして、遊んでるの?

ココちゃん

シード以外にフードという選択肢もある

ドッグフードのように、栄養バランスのよいペレットもある。

ココちゃん

だがインコは小さいくせに頭がいいので、単調なフードだと、イマイチ食いつきが悪いそうだ。

でもこれを食べてくれれば、栄養バランス的には問題ない。

3種類のフードを試してみたが、ココちゃんはどれもお気に召さないとのこと。

ある日、フードだけを与えておいてたら、夜、寝る時に使っているプラケースに自分から入っていった。

そして夜食用に置いてあるシードを、ガツガツ食べた。

たとえ飢えても、フードは食べないという強い意志が感じられた。(^^ゞ

わかったよ、フードは嫌なんだね。

時々、遊びながらフードをつまませているけれど、食べているようには見えない。

タンパク質不足になるし、さて、どうしたらいいのかな。

ココちゃん

遊び疲れたココちゃんが、私の膝の上で眠ってしまった。

こんな可愛いことをされたら、起きるまで、動けないよ!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。